はるゆき(DD-128)

はるゆき(DD-128)

「はつゆき型」7番艦

昭和57年〜昭和60年の間、8隻というハイペースで建造された「はつゆき型」

※文頭写真:海上自衛隊
「はるゆき」(DD-128)の性能等は「はつゆき型」記事をご覧ください。

「はるゆき」(DD-128)は、「はつゆき型」の7番艦として昭和55年度(1980年度)計画に盛り込まれ、昭和57年(1982年)3月11日、住友重工追浜造船所浦賀工場において起工されました。昭和58年(1983年)9月6日に進水し、昭和60年(1985年)3月14日に就役、第1護衛隊群第43護衛隊(横須賀)に配備されました。

昭和57年〜昭和60年にかけて「はつゆき型」は8隻というハイペースで就役しています。冷戦末期から崩壊に雪崩れ込む時代の激しさを感じます。

海上自衛隊は当時、護衛艦8機、対潜ヘリ8機を一つの護衛艦隊に配備する「新八八艦隊」という装備計画を立てており、その基幹を成す汎用護衛艦(DD)として「はつゆき型」を計画、本艦「はるゆき」(DD-128)を含め12隻が建造されました。

冷戦終結の平成元年(1989年)3月17日、同隊が第4護衛隊群となり同群の司令部が平成7年(1995年)に呉に移転となり本艦も転籍。平成9年(1997年)3月24日第43護衛隊が第4護衛隊に改称。その後、平成12年(2000年)3月15日、佐世保の第23護衛隊に編入され佐世保へ。

さらに、平成20年(2008年)3月26日、自衛艦隊大改編に伴い、第23護衛隊が護衛艦隊隷下の第13護衛隊となる。平成26年(2014年)3月13日、国産の高性能システム艦である「あきづき型」の「ふゆづき」(DD-118)の就役と入れ替わり、除籍、解体処分となりました。お疲れ様でした。

なお、春に降る雪、「はるゆき」という艦名は大日本帝国海軍、海上自衛隊を通して初めてのものでした。

「はるゆき」(DD-127)。写真:海上自衛隊
「はるゆき」(DD-127)。写真:海上自衛隊

「はるゆき」(DD-127)。写真:海上自衛隊
「はるゆき」(DD-127)。写真:海上自衛隊
種別汎用護衛艦
運用者海上自衛隊
はつゆき型
製造者住友重機械追浜造船所浦賀工場
母港-
排水量2,950t
全長130m
全幅13.6m
吃水4.2m
速力30ノット
乗員200名
発動機COGOG方式/ロールス・ロイス タインRM1C×2、ロールス・ロイス オリンパスTM3B×2
主な兵装62口径76ミリ速射砲x1
SSM装置一式・短SAM装置一式
アスロック装置一式
3連装短魚雷発射管x2
高性能20ミリ機関砲x2
搭載機対潜・哨戒ヘリコプター(SH-60J)1機
進水1983年9月6日
就役1985年3月14日
退役2014年4月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です