ひゅうが(DDH-181)

ひゅうが(DDH-181)

海自の初代ヘリ空母「ひゅうが型」の1番艦

海自、戦後最大の護衛艦として建造される

※文頭写真:海上自衛隊。
※「いせ」(DDH-182)の性能等についての詳細は「ひゅうが型」記事をご覧ください。

「ひゅうが」(DDH-181)は海上自衛隊の国産ヘリ空母。海上自衛隊ではヘリコプター搭載型護衛艦に分類されています。

平成16年(2004年)に発注され、平成18年(2006年)5月11日起工、平成19年(2007年)8月23日進水、平成21年(2009年)3月18日に就役、第1護衛隊群第1護衛隊に編入され、神奈川県の横須賀港に配備されました。その後、平成27年(2015年)第3護衛隊群第3護衛隊に編入され、京都府舞鶴港に転籍となりました。

横須賀に配備された当時、一目見たいとかけつけました。横須賀港はJR横須賀駅にとても近く、海沿いに公園が整備されているため、ゆったりとみることができます。

それまでも、海上自衛隊の護衛艦は同じ場所からみたことはあり、米軍の原子力空母にも搭乗したことがありましたが、それらとは違う感銘を受けました。

いまから70年前、日本の先人たちは欧米の植民地化を拒否し、大東亜戦争を戦いました。大砲巨艦主義が席巻していたその時代、日本は空母機動艦隊という戦術を編み出し果敢に戦いました。

戦後の歪んだ教育、事実に反する刷り込みにも屈せず、我らの海上自衛隊は世界最古の独立国家である日本の海軍として、限られた状況のなか、屈強にあり続けたことを「ひゅうが」(DDH-181)をみて思い出しました。

全長197m、全幅33m、満載排水量19,000トン、全通甲板を有した「ひゅうが」(DDH-181)の雄姿は、それほどに実に頼もしいものです。

潜水艦の脅威から領海を守る

大雑把にいってしまえば、現状、日米艦隊の作戦行動において唯一の大きな脅威は潜水艦です。そのため海上自衛隊は、日本領海における機雷掃海・対潜水艦の脅威除去を大きな任務としており、その任務を果たすために「ひゅうが」(DDH-181)も建造されました。

「ひゅうが」(DDH-181)の搭載するヘリコプターは、強力な対潜水艦能力を発揮するだけでなく、災害時には救援活動の母艦として大いに活躍するでしょう。さらには、高度な指揮・管制能力を持っており、陸海空自衛隊、場合によっては米軍とも連携した統合作戦における洋上の自衛隊司令部として任務を遂行します。

平成28年熊本地震

平成28年(2016年)4月14日午後9時26分頃、熊本地方を震源としてマグニチュード6.5、最大震度7、続いて4月16日午前1時25分頃、同じくマグニチュード7.3、最大震度6強という大きな地震が発生しました。この災害に際して、「ひゅうが」(DDH-181)は八代海に停泊してヘリや物資の集積拠点として災害支援活動を行ないました。

災害支援にあたった米海兵隊のMV22オスプレイは、「ひゅうが」(DDH-181)に離着艦し救援物資の積み込みや燃料給油などを行いました。

「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊

「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)の艦橋。各種のアンテナがみえます。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)の艦橋。各種のアンテナがみえます。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊
米艦隊と行動中の「ひゅうが」(DDH-181)。一番手前が「ひゅうが」、一つ奥は米海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」。写真:海上自衛隊
米艦隊と行動中の「ひゅうが」(DDH-181)。一番手前が「ひゅうが」、一つ奥は米海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」。写真:海上自衛隊
平成28年熊本地震において災害支援を行う「ひゅうが」。熊本県八代沖にて米海兵隊のMV22オスプレイが着艦しています。写真:海上自衛隊
平成28年熊本地震において災害支援を行う「ひゅうが」。熊本県八代沖にて米海兵隊のMV22オスプレイが着艦しています。写真:海上自衛隊
種別ヘリコプター搭載型護衛艦
運用者海上自衛隊
ひゅうが型
製造者ジャパン マリンユナイテッド(横浜事業所磯子工場)
母港舞鶴(第3護衛隊群第3護衛隊)
排水量13,950(19,000t)
全長197m
全幅33m
吃水7m
速力30ノット
乗員約380名
発動機COGAC方式/ゼネラル・エレクトリック(IHIライセンス生産)LM2500型ガスタービンエンジン(25,000ps)×4
主な兵装高性能20mm機関砲CIWS×2基
12.7mm重機関銃M2×7基
Mk.41mod.22VLS(16セル)
3連装短魚雷発射管×2基
搭載機通常:対潜・哨戒ヘリコプター(SH-60J/K)3機、掃海・輸送ヘリコプター(MCH-101)1機。最大搭載機数:11機
進水平成19年(2007年)8月23日
就役平成21年(2009年)3月18日
退役-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です