みょうこう(DDG-175)

みょうこう(DDG-175)

イージス護衛艦「こんごう型」3番艦

弾道ミサイル防衛能力を持つ高性能イージス艦

※文頭写真:海上自衛隊
※「みょうこう」(DDG-175)の性能など詳しい内容は「こんごう型」記事をご覧ください。

「みょうこう」(DDG-175)は、海上自衛隊のイージス護衛艦「こんごう型」の3番艦です。平成5年(1993年)4月8日、三菱重工長崎造船所において起工され、平成6年(1994年)10月5日に進水、平成8年(1996年)3月14日に就役し、京都府舞鶴の第3護衛隊群第63護衛隊に編入され、その後改編により第3護衛隊群第7護衛隊(舞鶴)の所属となりました。

本艦を含む「こんごう型」は弾道ミサイル防衛(BMD)を担っています。平成21年(2009年)、弾道ミサイル防衛(BMD)機能が付加され、ハワイ・カウアイ島沖において発射試験が行われ、模擬弾道ミサイルの迎撃に成功しました。

平成24年(2012年)12月6日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射実験を行った際には、破壊措置命令に従い出撃しました。

海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊

海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)から発射された弾道防衛用のSM-3(スタンダートミサイル3)。平成21年(2009年)10月28日、ハワイカウアイ島沖における実射実験。写真:USNSVY
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)から発射された弾道防衛用のSM-3(スタンダートミサイル3)。平成21年(2009年)10月28日、ハワイカウアイ島沖における実射実験。写真:USNSVY
フィリピン海上において米海軍と訓練中の「みょうこう」(DDG-175)。となりを航行するのは米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」(CVN-76)。写真:USNAVY
フィリピン海上において米海軍と訓練中の「みょうこう」(DDG-175)。となりを航行するのは米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」(CVN-76)。写真:USNAVY
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
海上自衛隊のイージス護衛艦「みょうこう」(DDG-175)。写真:海上自衛隊
種別イージス護衛艦
運用者海上自衛隊
こんごう型
製造者三菱重工業 長崎造船所
母港舞鶴(第3護衛隊群第7護衛隊)
排水量7,250t
全長161m
全幅21m
吃水6.2m
速力30ノット
乗員300名
発動機COGAC方式/ゼネラル・エレクトリック(IHIライセンス生産)LM2500型ガスタービンエンジン(25,000ps)×4
主な兵装イージス装置一式
VLS装置一式
高性能20ミリ機関砲x2
SSM装置一式
54口径127ミリ連射砲
3連装短魚雷発射管x2
電波探知妨害装置一式
対潜情報処理装置一式
搭載機ヘリコプター甲板のみ
進水平成6年(1994年)10月5日
就役平成8年(1996年)3月14日
退役-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です