チャンス・ボートF-8クルーセイダー

Chance Vought F-8 crusader
チャンス・ボートF-8クルーセイダーChance Vought F-8 crusader

初にして傑作

世界初の超音速艦上戦闘機

※文頭写真:全天候型となったF-8D(F-8U-2N)。PHOTO USNAVY

チャンス・ボートF-8クルーセイダーは米海軍の艦上戦闘機であり、世界ではじめての超音速艦上戦闘機です。狭く制約の多い艦上戦闘機でありながら、同時期の米空軍機を凌ぐ高性能機となり、高速性、運動性、信頼性、多用途性、整備性などどれをとっても傑作といっていいものでした。

F-8U-1T。1962年。PHOTO USNAVY
F-8U-1T。1962年。PHOTO USNAVY

空母という制約の多いプラットフォームでの運用を余儀なくされる海軍は、ジェット時代となっても空軍機に劣る性能の戦闘機を配備せざるを得ませんでしたが、F-8クルーセイダーにおいてやっと、空軍機と肩を並べる高性能機を艦上に配備できたのです。

アメリカ海軍空母サラトガ艦上のF-8A。F-8を最初に受領した第32戦闘飛行隊所属機。PHOTO USNAVY
アメリカ海軍空母サラトガ艦上のF-8A。F-8を最初に受領した第32戦闘飛行隊所属機。PHOTO USNAVY

チャンス・ボート社が本機の前に開発したF7Uカットラス(1948年初飛行)は「根性なし(ガットレス)」という汚名を頂戴しました。しかしその7年後の1955年、本機を開発し、見事に雪辱したこととなります。

先進的過ぎたF7Uカットラス。PHOTO USNAVY
先進的過ぎたF7Uカットラス。PHOTO USNAVY

1957年から米海軍各部隊へと配備され、1965年までに生産された数は1,259機にも及びます。ベトナム戦争(1960-1975)では、MiG-17を中心とする敵機との空戦において8:1という、米空海軍全機種の中で最高のキルレシオ(撃墜対被撃墜比率)を達成しています。

トンキン湾上のアメリカ海軍窪タイコンデロガ艦上においてジニーロケット弾を装着されるF-8。PHOTO USNAVY
トンキン湾上のアメリカ海軍窪タイコンデロガ艦上においてジニーロケット弾を装着されるF-8。PHOTO USNAVY

1974年(昭和49年)5月25日、ソ連のツボレフTU-95ベアをインターセプトするF-8。PHOTO USNAVY
1974年(昭和49年)5月25日、ソ連のツボレフTU-95ベアをインターセプトするF-8。PHOTO USNAVY

米海軍では30年もの長きにわたって活躍し、1987年に退役。フランス海軍においては1999年まで使用されました。

本機はどうしてこれほどの高性能機となったのでしょうか。それにはいくつもの必然と大きな偶然があります。

F7Uカットラスの劣悪だった視界不良を反省したチャンス・ボート社は、必要以上といわれる程、良好な視界確保に気を配ります。まずコクピットを最前部に配置し、空気取入口を機首下部に配置します。

退役間近の1986年(昭和61年)11月1日、テキサス上空を飛行する偵察機型のRF-8G。PHOTO USNAVY
退役間近の1986年(昭和61年)11月1日、テキサス上空を飛行する偵察機型のRF-8G。PHOTO USNAVY

さらには、胴体上部に付けられた主翼を油圧による可動式とし、機首側を上に上げることで、着艦時の機首上げ角度を下げる工夫がなされています。これらの工夫により、離着艦という艦上戦闘機の最も危険な任務に対する高い能力を得、比較的旧式であったり小型である空母でも運用することができました。

兵器運用能力にも優れており、狭い艦上で運用され、多目的性能が求められていた艦上戦闘機としては使いやすかったといえます。

大きな偶然は、機首に突き出したコーンが偶然にもショックコーン(超音速において効率的に空気を取り入れる装置)の役割を果たし、元々大出力であったJ57-P-20A(8,164kg)エンジンの性能を最大限に引き出したのです。後にレーダー搭載のためにこのコーン部分が拡大されますが、更なるショックコーン能力増加となりました。

運用者アメリカ海軍
アメリカ海兵隊
フランス海軍
フィリピン空軍
主要なバリエーションXF8U-1 試作機
F-8A 最初の量産型。130機製造
F-8C エンジン換装など。187機製造
RF-8A 写真機搭載型
DF-8A 巡航ミサイルの空中誘導母機、20機製造
F-8D エンジン換装、射撃管制装置換装、空対空ミサイルAIM-9C対応。152機製造
F-8E レーダー換装など F-8E(FN) フランス海軍型。42機製造
F8U-3 エンジン換装ほか、胴体再設計の発展型。5機製造
RF-8G RF-8Aの改装型。73機
F-8H F-8Dを改装。89機 F-8J F-8E改装型。136機
F-8K F-8C改装型
F-8L F-8B改装型
V-1000 海外輸出型
F-8 SCW NASA試験機
F-8 DFBW NASA試験機
生産数1,259
スペック型式-
全 幅10.87m
全 長16.61m
全 高4.80m
翼面積34.8㎡
自 重7,956kg
総重量/最大離陸重量13,000kg
発動機J57-P-20A(8,164kg)×1
最大速度2,279km/h
実用上昇限度17,700m
戦闘行動半径730km
航続距離2,260km
乗 員1名
初飛行1955年3月25日
就 役1957年3月
退 役1987年3月
兵 装20mm機関砲×4
AIM-9 Sidewinder
AGM12 Bullpup
各種爆弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です