コンベアXF-92A

Convair XF-92A
コンベアXF-92AConvair XF-92A

初のデルタ翼迎撃機

デルタ翼の実証試験機

※文頭写真:デルタ翼を初めて採用した迎撃戦闘機、XF-92A。PHOTO USAF

コンベアXF-92A(1948)は第2次世界大戦終戦直後の1945年9月、アメリカ空軍が要求した2種類の迎撃戦闘機のうちの一つ。もう一つはリパブリックXF-91サンダーセプターです。

アメリカ空軍の要求は、高々度を飛来する爆撃機や偵察機を迎撃する戦闘機として最高速度時速1,126km、高度15,240mまで4分以内に到達する高性能な超音速機でした。この要求に答える形で開発が始まりましたが、途中からデルタ翼の実証試験機に用途変更されました。

当初はXF-91と同様にジェット+ロケットエンジンの混合動力が企図されていましたが、デルタ翼の試験機となりジェットエンジンのみとなりました。三角形のデルタ翼に同じく三角形の尾翼を備えたコンパクトな機体はこれまでの戦闘機とはまったく異なっています。

オハイオ州のアメリカ空軍博物館に保存されているXF-92A。PHOTO USAF
オハイオ州のアメリカ空軍博物館に保存されているXF-92A。PHOTO USAF

デルタ翼とは三角翼ともいわれ、ギリシャ語のΔ(デルタ)に似ていることからデルタ翼といわれます。高亜音速から超音速という高速飛行に向いており、加速性に優れ高速域において高い運動性を発揮します。ダブルデルタ、クリップドデルタなどの派生系があり、現代最新鋭の戦闘機にも発展形が使われています。

XF-92Aは世界初のデルタ翼機として1948年9月に初飛行したものの、音速を超えることができず、飛行性能も期待通りとはいきませんでした。芳しくない試験結果の原因はエンジンの出力不足ともいわれています。

本機の開発にはジェット戦闘機開発の先進国であった敗戦国ドイツのアレキサンダー・マルティン・リピッシュを技術顧問として開発されました。その後もデルタ翼の試験機として使用され、うみだされたデータはこの後のデルタ翼機に活かされています。

運用者-
主要なバリエーション-
生産数1
スペック型式-
全 幅9.55m
全 長12.92m
全 高5.37m
翼面積39.48㎡
自 重4,118kg
総重量/最大離陸重量6,626kg
発動機J33-A-29(3,402kg)×1
最大速度1,160km/h
実用上昇限度15,450m
戦闘行動半径-
航続距離-
乗 員1名
初飛行1948年4月1日
就 役-
退 役-
兵 装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です