ロッキード・マーチンF-35ライトニングⅡ(C)

Lockheed Martin F-35 Lightning Ⅱ(C)
ロッキード・マーチンF-35ライトニングⅡ(C)Lockheed Martin F-35 Lightning Ⅱ(C)

最新鋭ステルス戦闘機(艦上戦闘機型)

初の艦上ステルス機

※文頭写真:Lockeed Martin
※F-35の基本性能等については、ロッキード・マーチンF-35ライトニングⅡ(A)記事をご覧ください。

ロッキード・マーチンF-35ライトニングⅡはアメリカが開発した最新の戦闘機です。一つの基本設計でアメリカ空・海・海兵隊の戦闘機を開発しようという、統合打撃戦闘機(JSF=Joint Strike fighter)計画からうまれました。

基本設計から生み出される形は3種類あり、通常の飛行場において運用するA型、垂直に離着陸できるB型(短距離離陸垂直離着陸)、航空母艦において運用するC型(艦上戦闘機)の3種類があります。

C型は航空母艦において運用する艦載機型です。F-35は英国や日本、イタリア、オランダなどアメリカと同盟関係にある国々が導入しますが、艦載機型のC型は米海軍と海兵隊のみが導入します。

アメリカ海軍の主力戦闘機としては久しぶりの単発機。エンジンの信頼性が向上してきたのでしょう。PHOTO Lockeed Martin
アメリカ海軍の主力戦闘機としては久しぶりの単発機。エンジンの信頼性が向上してきたのでしょう。PHOTO Lockeed Martin

陸上の飛行場から離発着するA型と違い、C型は狭い空母の甲板に離発着するため低速時の安定性が求められることから、主翼、垂直・水平尾翼がそれぞれ大型化しています。また、離着陸時の衝撃に耐えるため、機体構造や降着装置の強化が行われ、主翼も折りたためるようになっています。戦闘機は主翼に燃料を搭載しているため、主翼を大型化したC型は、燃料搭載量が増え航続距離が延びています。

F-35Cの試験機。離着艦時の揚力を得るため主翼が大きくなっているのが最も特徴的です。PHOTO Lockeed Martin
F-35Cの試験機。離着艦時の揚力を得るため主翼が大きくなっているのが最も特徴的です。PHOTO Lockeed Martin

空母を中心とし他の追随を許さない断トツの洋上戦力を持つアメリカ海軍にまたひとつ、ステルス戦闘機という武器が加わります。PHOTO Lockeed Martin
空母を中心とし他の追随を許さない断トツの洋上戦力を持つアメリカ海軍にまたひとつ、ステルス戦闘機という武器が加わります。PHOTO Lockeed Martin

ステルス性維持のため兵装は胴体内に格納します。そのためすっきりとした胴体下面。ただ、主翼下にハードポイントをつけるテストも行われています。それほどステルス性が問われない任務に対するものでしょう。PHOTO Lockeed Martin
ステルス性維持のため兵装は胴体内に格納します。そのためすっきりとした胴体下面。ただ、主翼下にハードポイントをつけるテストも行われています。それほどステルス性が問われない任務に対するものでしょう。PHOTO Lockeed Martin

F-35は昔のように脚の間に太い操縦桿があり、加える力によって運動が加減されるのではなく、電気信号を伝達するステッィクにより操縦します。大雑把にいえばゲームのジョイスティックと同じ様なものです。さらに、戦闘機乗りにとっても難しい空母への着艦を、ある程度自動で行われるオートスラスト機能(自動推力制御装置)が装備されています。

試験中のF-35C(艦載機型)。PHOTO Lockeed Martin
試験中のF-35C(艦載機型)。PHOTO Lockeed Martin

多用途性と信頼性の高さから現在、アメリカ海軍空母の艦上を占拠することとなったF/A-18(前)とF-35(後)。PHOTO Lockeed Martin
多用途性と信頼性の高さから現在、アメリカ海軍空母の艦上を占拠することとなったF/A-18(前)とF-35(後)。PHOTO Lockeed Martin

米海軍としては、初めてのステルス艦上戦闘機となります。米海軍のニミッツ級原子力空母に最新鋭のステルス戦闘機が配備される、ということは日本にとっても大変良い抑止力となるでしょう。

F-35には最新のヘッドマウントディスプレイ(HMD)が採用されています。バイザーには飛行情報や戦術データなどの情報が表示され、前を向いたまま全周囲をカバーできます。
F-35には最新のヘッドマウントディスプレイ(HMD)が採用されています。バイザーには飛行情報や戦術データなどの情報が表示され、前を向いたまま全周囲をカバーできます。

運用者-
主要なバリエーションX-35A 試作機。通常離着陸型(CTOL)
X-35C 試作機。艦上離着陸型
X35B X35Aを改造した試作機。短距離離陸・垂直着陸型(STOVL)
生産数-
スペック型式-
全 幅13.11m
全 長15.70m
全 高4.6m
翼面積62.1㎡
自 重13,924kg
総重量/最大離陸重量31,800kg
発動機F135-400(C/12,746kg/AB 19,505kg)×1
最大速度2,220km/h(C)
実用上昇限度15,240m
戦闘行動半径1,111km
航続距離2,520km
乗 員
初飛行2010年6月8日(C)
就 役-
退 役-
兵 装20mmバルカン砲×1
AIM-120 AMRAAM
AIM-9X Sidewinder
IRIS-T
MBDA Meteor
AGM-88 AARGM
AGM-158 JASSM
Brimstone missile
JAGM
Storm Shadow missile
SOM
JSM
LRASM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です