ノースロップF-5E/FタイガーⅡ

Northrop F-5E/F TigerⅡ
ノースロップF-5E/FタイガーⅡNorthrop F-5E/F TigerⅡ

進化したF-5

ソ連MiG-21のライバル

※文頭写真:F-5EタイガーⅡ。PHOTO USAF

ノースロップF-5E/FタイガーⅡ(1972-1989)はアメリカのノースロップ社が開発した軽量級の超音速戦闘機F-5A/Bの発展型です。運動性能の向上とともに、捜索範囲40kmと高性能とはいえないまでもレーダーが搭載されたことにより戦闘能力は大いに高まっています。

F-5EタイガーⅡ。PHOTO USAF
F-5EタイガーⅡ。PHOTO USAF

F-5A/Bのライバルは9,500機もの生産数を誇り共産圏に供与されたソ連のMiG-19。MiG-19はMiG-15譲りの運動性能を持つ超音速戦闘機でした。F-5A/BはMiG-19に対する自由陣営後進国の戦闘機としては優秀でしたが、1959年(昭和34年)にマッハ2級のMiG-21が登場、F-4ファントムⅡF-8クルーセイダーなら戦えましたが、F-5A/Bでは太刀打ちできませんでした。

ソ連のMiG-21フィッシュベッド。UV-16ロケットポッドを装着しています。写真:US DoD
ソ連のMiG-21フィッシュベッド。UV-16ロケットポッドを装着しています。写真:US DoD

アメリカ空軍は、これに対抗する友好国供与用の戦闘機開発を始めます。各社案の中からノースロップF-5E/FタイガーⅡが選ばれ、1970年11月に制式に発注を受けます。

安価で整備性が高く扱いやすいF-5A/Bの良さを受け継ぎつつ、エンジンを強化、燃料搭載量も増加し、戦闘行動半径は三割方向上します。最高速度はマッハ1.6とMiG-21には及びませんが、AN/APQ-153Xレーダの搭載や緩い後退角による中低高度の高い運動性を武器に、MiG-21に対抗しうる戦闘機となっています。

F-5EタイガーⅡ。PHOTO USAF
F-5EタイガーⅡ。PHOTO USAF

初飛行は1972年8月11日、1973年からアメリカ空軍への配備が始まり、その後友好国に供与されました。供与された国はアメリカを含めて20か国を超え、ライセンス生産を含めて1,400機が生産されました。サウジアラビアやバーレーン、韓国に供与されたF-5は湾岸戦争に参加するなど、供与された機体はいくつかの戦争に参加しています。アメリカ本国ではアグレッサー機(仮想敵機)として使用されました。

運用者アメリカ空軍
アメリカ海軍
アメリカ海兵隊
シンガポール空軍
ブラジル空軍
イエメン空軍
スイス空軍
南ベトナム空軍
イラン空軍
スーダン空軍
ベトナム空軍
インドネシア空軍
エチオピア空軍
タイ空軍
オーストリア空軍
台湾空軍
ホンジュラス空軍
チュニジア空軍
マレーシア空軍
チリ空軍
メキシコ空軍
モロッコ空軍
ヨルダン空軍
ケニア空軍
バーレーン空軍
サウジアラビア空軍
韓国空軍
主要なバリエーションF-5E F-5A改良型エンジン強化、レーダー装備など
FR-5E 簡易偵察機
RF-5E 偵察機
F-5F 複座の練習機
F-5N スイスで余ったF-5Eを米海軍が仮想敵機(アグレッサー)として使用
F-5G F-20。エンジンを換装し単発化。電子機器を近代化
F-5S/T シンガポール空軍の近代化改修型
F-5EM ブラジル空軍の近代化改修型
タイガーⅢ チリ空軍の近代化改修型
タイガーⅣ 近代化改修のデモ機
F-5T タイ空軍の近代化改修型
生産数1,399
スペック型式F-5E
全 幅8.13m
全 長14.68m
全 高4.06m
翼面積17.28㎡
自 重4,392kg
総重量/最大離陸重量9,150kg
発動機J85-GE-21A(1,588kg/AB 2,268kg)×2
最大速度1,743km/h
実用上昇限度15,789m
戦闘行動半径700km
航続距離2,483km
乗 員1名
初飛行1972年8月11日
就 役-
退 役1989年
兵 装20mm機関砲×2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です