リパブリックXF-103

Republic XF-103
リパブリックXF-103Republic XF-103

怪物的戦闘機計画

高度3万m、マッハ3.7を目指した異色の戦闘機計画

※文頭写真:XF-103のモックアップ。時代を象徴する怪物、といった様相。PHOTO National Museum of US Air Force

リパブリックXF-103(1954)は、アメリカのリパブリック社が開発したアメリカ空軍の戦闘機です。マッハ3級戦略爆撃機ノースアメリカンXB-70の護衛機として構想されましたが、モックアップに終わりました。

それまでの戦闘機とは全く異なるミサイルのようなフォルムは、異様な迫力をもっています。異様なのは形だけではなく、機体素材にはチタンが使われ、ターボジェットエンジンとラムジェットエンジンを1基ずつ搭載し、高度3万mという高空においてマッハ3.7というそれまでに類を見ない性能を目指して開発が進められていました。

このような戦闘機開発が進められたのは、XB-70というマッハ3級の戦略爆撃機に理由があります。爆撃機には護衛する戦闘機が必要であり、同じ高度を同じ速度で飛べる戦闘機が必要になったというわけです。

XB-70はXF-103以上に未来的な形をしており、XF-103とは違い試作機の飛行試験まで進み、マッハ3超の記録を残しています。しかし、1957年8月にソ連が世界初の大陸間弾道ミサイルR-7の打ち上げに成功し、さらには費用対効果を重視する経営者あがりのロバート・マクナマラ国防長官により、XB-70よりもミサイル開発の方が優秀であるとの結論が与えられ、採用には至りませんでした。

エンジンの開発遅延、XB-70の怪しい雲行き、価格の高騰などによりモックアップを完成させたのみで計画は中止になっています。

運用者-
主要なバリエーション-
生産数-
スペック型式-
全 幅10.5m
全 長23.5m
全 高5.1m
翼面積37.2㎡
自 重11,317kg
総重量/最大離陸重量17,466kg
発動機XJ67-W-3(6,700kg)×1、XRJ55-W-1(8,400kg)×1
最大速度Mach3(3,675km/h)+
実用上昇限度24,390m+
戦闘行動半径724km
航続距離2,486km
乗 員1名
初飛行-
就 役-
退 役-
兵 装AIM4ファルコン
2.75インチロケット弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です