「1980年代の戦闘機」タグアーカイブ

ノースロップF-20タイガーシャーク

Northrop F-20 Tigershark
ノースロップF-20タイガーシャークNorthrop F-20 Tigershark

F-5E/Fの発展型

優秀な軽量級戦闘機ながら、F-16に敗れる

ノースロップF-20タイガーシャーク(1982)は、名機F-5の後継機としてノースロップ社が開発したアメリカの戦闘機です。友好国への供与を目的に開発されましたが、折しも実運用実績豊富なF-16の海外供与が解禁となり、試作機の段階で中止となりました。

アメリカの戦闘機は基本路線として世界最強を目指すため、そのほとんどが大型・フル装備の高級機となり、本体価格の高騰はもとより、更新、整備などには高い技術力が必要とされ、維持費も膨大なものとなります。

自由諸国の盟主であるアメリカの戦闘機は、有効各国に供与されますから、このような高級機ばかりでは一部の先進国しか購入・運用は困難となっていました。

そのため、アメリカは友好国供与を主眼とした軽量級の安価で高性能な戦闘機を随時開発してきました。1959年(昭和34年)に初飛行し、トルコ、ノルウェー、台湾、ギリシャ、イランなどに供与されたF-5A/B、1972年に初飛行し、ブラジル、イエメン、スイス、南ベトナム、インドネシア、タイ、エチオピア、オーストリア、メキシコ、チュニジアなどに採用されたF-5E/FタイガーⅡなどがこれにあたります。

上記の2機種を開発したアメリカのノースロップ社が後継として開発したのが、F-20タイガーシャークです。

F-20タイガーシャーク。PHOTO USAF
F-20タイガーシャーク。PHOTO USAF

1970年代中ごろ、F-5E/Fの導入国であった台湾は、軍事力増強を進める中国に対処するため、F-5E/Fに空対空ミサイルAIM-7スパローの搭載能力を加えるようアメリカに要求しました。

アメリカは台湾の要求に応じてノースロップ社に検討を要請、その結果、AIM-7スパローは視界外射程(BVR=Beyond Visual Range、概ね37km以上の射程)を持つミサイルであり、これが搭載されれば大きく攻撃力は強化されますが、それに伴う大型レーダーの搭載などにより機体が大型化し、機動性が損なわれるということがわかり、この計画は中止となりました。

海外向けのF-5E/F発展型の需要を感じたノースロップ社は自社資金において検討を開始します。フライ・バイ・ワイヤ(飛行制御システム)の導入、主翼付け根延長部分の増加、レーダー強化などを施したF-5Gという発展型を開発します。

その後、1970年代後半にアメリカは軍事輸出制限緩和を行い、共産陣営に対抗しうる新型輸出用戦闘機の開発を決定します。これに沿って、ジェネラル・ダイナミクス社のF-16(ダウングレード版)とノースロップ社のF-20が開発されました。

F-20はF-5E/Fの後継であるF-5Gをさらに発展させ、視野拡大型HUD(Head Up Display)、両手をスロットルとスティックにおいたままレーダーの操作やミサイルの発射を行えるHOTAS(HeadOn Throttle and Stick)の搭載など大幅に性能を向上していました。

性能的にはほぼF-16と同等だったF-20でしたが、アメリカ空軍始め各国での採用実績を持つF-16はあまりに強敵でした。当初、F-16はF-20よりも約2倍程高価でしたが、これも採用国が増えるに連れて量産効果で価格が下がってきます。結局F-20は採用されることなく終わりました。

F-20コクピットのモックアップ。PHOTO USAF
F-20コクピットのモックアップ。PHOTO USAF

運用者-
主要なバリエーション-
生産数3
スペック型式-
全 幅8.13m
全 長14.17m
全 高4.22m
翼面積18.6㎡
自 重5,090kg
総重量/最大離陸重量6,830kg
発動機F404-GE-100(4,990kg)×1
最大速度2,450km/h+
実用上昇限度16,800m
戦闘行動半径1,020km
航続距離2,759km
乗 員1名
初飛行1982年8月30日
就 役-
退 役-
兵 装

ロッキードF-117ナイトホーク

Lockheed F-117 Nighthawk
ロッキードF-117ナイトホークLockheed F-117 Nighthawk

世界初のステルス戦闘機

湾岸戦争での活躍は戦場のハイテク化を印象づけた

※文頭写真:USAF

ロッキードF-117ナイトホーク(1981-2008)はアメリカ空軍とロッキード社が開発した世界初のステルス戦闘機(攻撃機)です。

その異様な姿は不気味な迫力を感じさせ、湾岸戦争の報道画面にみた時は誰もが驚いたことでしょう。

現在、ステルス戦闘機技術はアメリカが突出した存在となっており、無敵のF-22や自衛隊次期主力戦闘機のF-35、B-2爆撃機などが稀に報道されます。そのせいかステルスという言葉も一般的になったように思えます。

F-117は1981年(昭和56年)には初飛行しており、開発は昭和59年(1974年)に始まっています。同年、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA=Defense Advanced Research Projects Agency)はレーダー反射断面積(RCS=Radar Cross Section)の低減に関する研究を、グラマン、ジェネラル・ダイナミクス、マクドネル・ダグラス、フェアチャイルド、ノースロップの5社に対して依頼します。後にロッキード社が食い込むことに成功し、1976年(昭和61年)には各社の案を抑えてロッキード社案が採用されます。

試作機「ハブ・ブルー」は1977年(昭和62年)11月に完成し12月には初飛行に成功しています。この頃、ソ連の科学者ピョートル・ユフィンチェフが1964年に発表した「エッジ波の物理的解析理論」なる論文を発見、この理論を応用することにより機体のレーダー反射断面積(RCS)値をより正確に測ることが可能になります。試作機ハブ・ブルーと量産機F-117の形状の違いにはこの理論が大きく貢献しているといわれます。

生産初号機は昭和56年(1981年)に完成し、空戦能力はなく実態は攻撃機でしたが、戦闘機を意味するFナンバーがついたF-117Aという制式呼称を得ています。革新的な機体ということもあり生産型がロールアウトして以降も試験を続けながら59機を製造、昭和57年(1982年)より部隊配備されました。

ステルス性を最優先したため、最高速度はマッハ0.85であり運動性能も低レベルになっています。それどころか、F-117を昔ながらの人間の手によるコントロールで飛行させることはできず、フライ・バイ・ワイヤというデジタル飛行制御によって飛行が可能になっています。

直線のみを使用して構成された機体が異様な印象を与えますが、これは当時のコンピュータ演算能力では、現在のステルス機(B-2やF-22、F-35)のように曲線を使用した設計ができなかったためです。

実戦初参加は1989年(平成元年)12月のパナマ攻撃作戦でしたが、爆撃は失敗に終わりました。そしていよいよ湾岸戦争(1990年)が勃発、40機以上のF-117が展開し爆撃任務を遂行し1,200回を超える出撃回数を記録、1機も撃墜されることはありませんでした。

この時F-117が主に使用したGBU-27は1986年(昭和61年)に配備が始まった最新の精密誘導爆弾、ペイブウェイⅢレーザー誘導爆弾の一つです。ステルス戦闘機F-117と相まって、未来的な戦場の形を我々にまざまざとみせてくれました。

湾岸戦争では1機も撃墜されることなく任務を遂行しましたが、1999年(平成11)のコソボ空爆では、セルビアの首都ベオグラード近郊において、セルビア防空軍の旧式な地対空ミサイルに撃墜され、これが退役するまで唯一の撃墜例となりました。撃墜されたF-117は敵側に回収され、ロシアやソ連が密かに部品を入手したともいわれます。

2000年代に入ってイラクの自由作戦にも参加していますが、ここでも撃墜されることなく任務を遂行しています。

F-117は飛行機に興味のない一般の人々にも強烈な印象を残した画期的な怪物でしたが、ステルス性を追求したため飛行安定性は低く、事故率が高かったことや、先端技術ならではの高額な維持費もあり、2008年には全機退役しています。

湾岸戦争に斬新な衝撃を与えたF-117ステルス戦闘機。まさに砂漠の嵐作戦中の写真です。PHOTO USAF
湾岸戦争に斬新な衝撃を与えたF-117ステルス戦闘機。まさに砂漠の嵐作戦中の写真です。PHOTO USAF

ステルスについて

先に敵を発見し、自らは発見されないということは、絶対的な優勢を得ることができます。広義では迷彩塗装などもステルスの一種であり、古くは戦闘機を透明にするなどという試みもあったようです。

レーダーの進歩により、戦闘機においてみえないということはレーダーに映らないということを意味するようになりました。レーダーは自身のレーダーが発した電波の反射から相手の位置や大きさを探索しますから、敵機に戻る反射をゼロにすれば全くレーダーに映らないということになります。

このレーダー反射断面積をRCS(Radar Cross Section)といいます。この値はF-117では0.025平米程度といわれています。ステルス性に配慮されていないF-15では10平米、F-117よりも進化したF-22やF-35では0.01平米です。(※RCS値は土地の広さなどとは違う表現ですので、詳しくはウィキペディアのRCS値の項目などをご覧ください。)

こういった形状によるステルス性は形状制御といわれています。他にも、赤外線、機体表面の処理、レーダー使用など様々な要素があります。

形状制御の他に、エンジンの放射熱制御や機体表面をレーダーを反射しにくい素材にするなどの工夫が必要です。また、自らレーダーを発してしまえばそれを探知されてしまいますから、F-117はレーダーを搭載していません。爆撃目標を指定するためには、レーザーや赤外線を使用しています。

運用者アメリカ空軍
主要なバリエーション-
生産数64
スペック型式-
全 幅13.20m
全 長20.09m
全 高3.78m
翼面積73㎡
自 重13,380kg
総重量/最大離陸重量23,800kg
発動機F404-GE-F1D2(4,900kg)×2
最大速度993km/h
実用上昇限度13,716m
戦闘行動半径930km
航続距離1,720km
乗 員1名
初飛行1981年6月18日
就 役1983年10月
退 役2008年4月
兵 装