「1990年代の軍用艦」タグアーカイブ

もちしお(SS-600)

もちしお(SS-600)

「おやしお型」11番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成20年就役

※文頭写真:「おやしお型」11番艦「もちしお」(SS-600)。演習のため米国ハワイのパール・ハーバーに寄港しています。平成23年(2011年)10月31日。写真:US Navy
※「もちしお」(SS-600)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「もちしお」(SS-600)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の11番艦として平成15年度計画に盛り込まれました。

平成16年(2004年)2月23日に川崎造船神戸工場で起工、平成18年(2006年)11月6日に命名・進水し、平成20年(2008年)3月6日に就役し広島県呉市にある呉基地の第1潜水隊群第3潜水隊に配備されました。

平成28年(2016年)7月31日現在、第1潜水隊群第3潜水隊の構成艦は次の通り、「そうりゅう型」1隻、「おやしお型」2隻により成っています。
「けんりゅう」(SS-504)「くろしお」(SS-596)「もちしお」(SS-600)

「もちしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「ゆうしお型」潜水艦「もちしお」(SS-574)です。

※「もちしお」(SS-600)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2008年3月6日
退 役-
兵 装

せとしお(SS-599)

せとしお(SS-599)

「おやしお型」10番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成18年就役

※文頭写真:「おやしお型」1番艦「おやしお」(SS-590)。写真:海上自衛隊
※「せとしお」(SS-599)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「たかしお」(SS-597)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の9番艦として平成14年度計画に盛り込まれました。

平成15年(2003年)1月23日に三菱重工神戸造船所で起工、平成17年(2005年)10月5日に命名・進水し、平成19年(2007年)2月28日に就役し神奈川県横須賀市にある横須賀基地の第2潜水隊群第4潜水隊に配備されました。

平成28年(2016年)7月31日現在、第2潜水隊群第4潜水隊の構成艦は次の通り、「そうりゅう型」2隻、「おやしお型」2隻により成っています。
「ずいりゅう」(SS-505)「こくりゅう」(SS-506)「やえしお」(SS-598)「せとしお」(SS-599)

「せとしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「ゆうしお型」潜水艦「せとしお」(SS-575)です。

※「せとしお」(SS-599)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2007年2月28日
退 役-
兵 装

やえしお(SS-598)

やえしお(SS-598)

「おやしお型」9番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成17年就役

※文頭写真:「おやしお型」1番艦「おやしお」(SS-590)。写真:海上自衛隊
※「やえしお」(SS-598)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「やえしお」(SS-598)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の9番艦として平成13年度計画に盛り込まれました。

平成14年(2002年)1月15日に川崎造船神戸工場で起工、平成16年(2004年)11月4日に命名・進水し、平成18年(2006年)3月9日に就役し神奈川県横須賀市にある横須賀基地の第2潜水隊群第4潜水隊に配備されました。

平成28年(2016年)7月31日現在、第2潜水隊群第4潜水隊の構成艦は次の通り、「そうりゅう型」2隻、「おやしお型」2隻により成っています。
「ずいりゅう」(SS-505)、「こくりゅう」(SS-506)、「やえしお」(SS-598)、「せとしお」(SS-599)

「やえしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「うずしお型」潜水艦「やえしお」(SS-572)です。

※「やえしお」(SS-598)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2006年3月9日
退 役-
兵 装

たかしお(SS-597)

たかしお(SS-597)

「おやしお型」8番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成17年就役

※文頭写真:「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊
※「たかしお」(SS-597)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「たかしお」(SS-597)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の8番艦として平成12年度計画に盛り込まれました。

平成13年(2001年)1月30日に川崎造船神戸工場で起工、平成15年(2003年)10月1日に命名・進水し、平成17年(2005年)3月9日に就役し神奈川県横須賀市にある横須賀基地の第2潜水隊群第2潜水隊に配備されました。

平成28年(2016年)7月31日現在、第2潜水隊群第2潜水隊の構成艦は次の通り、「おやしお型」3隻により成っています。
「うずしお」(SS-592)「なるしお」(SS-595)「たかしお」(SS-597)

「たかしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「うずしお型」潜水艦「たかしお」(SS-571)です。

「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊

「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」8番艦「たかしお」(SS-597)。写真:海上自衛隊

※「たかしお」(SS-597)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2005年3月9日
退 役-
兵 装

くろしお(SS-596)

くろしお(SS-596)

「おやしお型」7番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成16年就役

※文頭写真:「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊
※「くろしお」(SS-596)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「くろしお」(SS-596)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の7番艦として平成11年度計画に盛り込まれました。

平成12年(2000年)3月27日に川崎重工神戸造船所で起工、平成14年(2002年)10月23日に命名・進水し、平成16年(2004年)3月8日に就役し広島県呉市にある呉基地の第1潜水隊群第3潜水隊に配備されました。

平成28年(2016年)7月31日現在、第1潜水隊群第3潜水隊の構成艦は次の通りです。
「けんりゅう」(SS-504)「くろしお」(SS-596)「もちしお」(SS-600)

「くろしお」の名を持つ艦艇は4代目。初代は大東亜戦争において沈没した大日本帝国海軍の陽炎型駆逐艦「黒潮」。2代目は海上自衛隊の「おやしお型(初代)」潜水艦「くろしお」(SS-501)。3代目は「うずしお型」潜水艦「くろしお」(SS-570)です。

「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊

「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」7番艦「くろしお」(SS-596)。写真:海上自衛隊

※「くろしお」(SS-596)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2004年3月8日
退 役-
兵 装

なるしお(SS-595)

なるしお(SS-595)

「おやしお型」6番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成15年就役

※文頭写真:「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊
※「なるしお」(SS-595)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「なるしお」(SS-595)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の6番艦として平成10年度計画に盛り込まれました。

平成11年(1999年)4月2日に三菱重工神戸造船所で起工、平成13年(2001年)10月4日に命名・進水し、平成15年(2003年)3月3日に就役し神奈川県横須賀市の横須賀基地にある第2潜水隊群第2潜水隊に配備されました。

「なるしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「おやしお型(初代)」潜水艦「なるしお」(SS-569)です。

「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊

「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」6番艦「なるしお」(SS-595)。写真:海上自衛隊

※「なるしお」(SS-595)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2003年3月3日
退 役-
兵 装

いそしお(SS-594)

いそしお(SS-594)

「おやしお型」5番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」。平成14年就役

※文頭写真:「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊
※「いそしお」(SS-594)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「いそしお」(SS-594)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の5番艦として平成9年度計画に盛り込まれました。

平成10年(1998年)3月9日に川崎重工神戸工場で起工、平成12年(2000年)11月27日に命名・進水し、平成14年(2002年)3月14日に就役し、前年に就役した4番艦「まきしお」(SS-593)に続いて、広島県呉市の呉基地にある第1潜水隊群第1潜水隊に配備されました。

「いそしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「おやしお型(初代)」潜水艦「いそしお」(SS-568)です。

「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊

「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」5番艦「いそしお」(SS-594)。写真:海上自衛隊

※「いそしお」(SS-594)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2002年3月14日
退 役-
兵 装

まきしお(SS-593)

まきしお(SS-593)

「おやしお型」4番艦

海自潜水艦隊の主力を成す「おやしお型」

※文頭写真:「おやしお型」4番艦「まきしお」(SS-593)。写真:海上自衛隊
※「まきしお」(SS-593)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「まきしお」(SS-593)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の4番艦として平成8年度計画に盛り込まれました。

平成9年(1997年)3月26日に三菱重工神戸造船所で起工、平成11年(1999年)9月22日に命名・進水し、平成13年(2001年)3月26日に就役し、広島県呉市の呉基地にある第1潜水隊群第1潜水隊に配備されました。

「まきしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「おやしお型(初代)」潜水艦「まきしお」(SS-567)です。

「おやしお型」4番艦「まきしお」(SS-593)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」4番艦「まきしお」(SS-593)。写真:海上自衛隊

※「まきしお」(SS-593)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2001年3月26日
退 役-
兵 装

うずしお(SS-592)

うずしお(SS-592)

「おやしお型」3番艦

海自潜水艦隊の主力「おやしお型」。横須賀の第2潜水隊群第2潜水隊に所属

※文頭写真:「おやしお型」1番艦「おやしお」(SS-590、TSS-3608)。平成18年(2006年)1月、米海軍との共同訓練のため米国ハワイのパール・ハーバーに寄港しているところ。写真:US Navy
※「うずしお」(SS-592)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「うずしお」(SS-592)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の3番艦として平成7年度計画に盛り込まれました。

平成8年(1996年)3月6日に川崎重工神戸工場で起工、平成10年(1998年)10月15日に命名・進水し、平成12年(2000年)3月9日に就役し、神奈川県横須賀市にある横須賀基地の第2潜水隊群第2潜水隊に配備されました。横須賀基地には海自潜水艦隊全体の司令部が置かれています。

「うずしお」の名を持つ艦艇は2代目。初代は海上自衛隊の「おやしお型(初代)」潜水艦「うずしお」(SS-566)です。

※「うずしお」(SS-592)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役2000年3月9日
退 役-
兵 装

みちしお(SS-591)

みちしお(SS-591)

「おやしお型」2番艦

平成11年(1998年)に就役し、呉の第1潜水隊群第1潜水隊に所属

※文頭写真:「おやしお型」2番艦「みちしお」(SS-591)。写真:海上自衛隊
※「みちしお」(SS-591)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

「みちしお」(SS-590、TSS-3608)は、「はるしお型」の後継として開発された「おやしお型」の2番艦として平成6年度計画に盛り込まれました。

平成7年(1995年)2月16日に三菱重工神戸造船所で起工、平成9年(1997年)9月18日に命名・進水し、平成11年(1999年)3月10日に就役し、広島県にある呉基地の第1潜水隊群第1潜水隊に配備されました。

「みちしお」の名を持つ艦艇は3代目。初代は大日本帝国海軍の陽炎型潜水艦「満潮」、2代目は海上自衛隊の初代「おやしお型」潜水艦「みちしお」(SS-564)です。

「おやしお型」2番艦「みちしお」(SS-591)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」2番艦「みちしお」(SS-591)。写真:海上自衛隊

「おやしお型」2番艦「みちしお」(SS-591)。写真:海上自衛隊
「おやしお型」2番艦「みちしお」(SS-591)。写真:海上自衛隊

※「みちしお」(SS-591)の性能等については「おやしお型」記事をご覧ください。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅8.9m
全 長82m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ディーゼル・エレクトリック方式/川崎12V 25/25Sディーゼルエンジン×2、推進電動機×1
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員70名
初飛行
就 役1999年3月10日
退 役-
兵 装