「00式射撃指揮装置3型(FCS-3)」タグアーカイブ

ふゆづき(DD-118)

ふゆづき(DD-118)

「あきづき型」護衛艦の4番艦

国産純度の高い注目すべき艦艇

※文頭写真:海上自衛隊
※「ふゆづき」(DD-118)についての性能詳細は「あきづき型」記事をご覧ください。

海洋国家日本の安全保障にとって注目すべき「あきづき型」の4番艦として建造されました。平成21年度(2009)計画で起工され、平成26年(2014年)3月13日に就役、第3護衛隊群第7護衛隊(舞鶴)に編入されました。造船は三井造船玉野事業所、排水量は5,100トン、全長150.5m、定員は約200名、建造費は726億円です。対潜裝備の追加により1番艦「あきづき」(DD-115)よりも50トン増加しています。

本艦を含む「あきづき型」最大の注目点は、米国のイージスシステムに当たる射撃指揮装置に国産の00式射撃指揮装置(FCS-3)が搭載されていることです。さらに他にも多々国産装置が採用されています。詳しくは「あきづき型」記事をご覧いただくとして、ともかく記念碑的な軍艦であることは間違いありません。

大型のイージス艦「こんごう型」(いずれ「あたご型」も)が弾道ミサイル防衛にあたると僚艦の防空が手薄になるということから、近接僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で計画・建造されました。

250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmの発展型シースパローミサイル(ESSM)の組み合わせで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃します。イージス艦よりも新しい設計のため高精度となっており、データの発表がなく推測になりますが、おそらく24発の敵ミサイルを同時に迎撃することが可能です。

基幹となる射撃指揮装置を中心に国産純度の高い護衛艦として大いに活躍してもらい、次に続く国産高性能護衛艦の発展に寄与してくれるよう期待しています。

「ふゆづき/冬月」という名は大日本帝国海軍の秋月型駆逐艦「冬月」に続き2代目です。

「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅18.3m
全 長151m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ロールス・ロイス スペイ(川崎・16,000shp)×4 
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員200名
初飛行
就 役平成26年(2014年)3月13日
退 役-
兵 装

すずつき(DD-117)

すずつき(DD-117)

「あきづき型」護衛艦の3番艦

僚艦防空を担う。国産の射撃指揮装置(イージスシステムに相当)を搭載

※文頭写真:海上自衛隊
※すずつき(DD-117)の性能詳細は「あきづき型」記事をご覧ください。

海洋国家日本の安全保障にとって注目すべき「あきづき型」の3番艦として建造されました。平成21年度(2009)計画で起工され、平成26年(2014年)3月12日に就役、第4護衛隊群第8護衛隊(佐世保)に編入されました。造船は三菱重工業長崎造船所、排水量は5,100トン、全長150.5m、定員は約200名です。対潜裝備の追加により1番艦「あきづき」(DD-115)よりも50トン増加しています。

本艦を含む「あきづき型」最大の注目点は、米国のイージスシステムに当たる射撃指揮装置に国産の00式射撃指揮装置(FCS-3)が搭載されていることです。さらに他にも多々国産装置が採用されています。詳しくは「あきづき型」記事をご覧いただくとして、ともかく記念碑的な軍艦であることは間違いありません。

大型のイージス艦「こんごう型」(いずれ「あたご型」も)が弾道ミサイル防衛にあたると僚艦の防空が手薄になるということから、僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で計画・建造されました。

250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmの発展型シースパローミサイル(ESSM)の組み合わせで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃します。イージス艦よりも新しい設計のため高精度となっており、データの発表がなく推測になりますが、おそらく24発の敵ミサイルを同時に迎撃することが可能です。

基幹となる射撃指揮装置を中心に国産純度の高い護衛艦として大いに活躍してもらい、次に続く国産高性能護衛艦の発展に寄与してくれるよう期待しています。

「すずつき/涼月」という名は大日本帝国海軍の秋月型駆逐艦「涼月」に続き2代目です。

「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅18.3m
全 長151m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ロールス・ロイス スペイ(川崎・16,000shp)×4 
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員200名
初飛行
就 役平成26年(2014年)3月12日
退 役-
兵 装

てるづき(DD-116)

てるづき(DD-116)

「あきづき型」護衛艦の2番艦

FCS-3A 国産射撃指揮装置を搭載した僚艦防衛艦

※文頭写真:海上自衛隊
※「てるづき」(DD-116)の性能詳細は「あきづき型」記事をご覧ください。

海洋国家日本の安全保障にとって注目すべき「あきづき型」の2番艦として建造されました。平成20年度(2008)計画で起工され、平成25年(2013年)3月7日に就役、第2護衛隊群第6護衛隊(横須賀)に編入されました。造船は三菱重工業長崎造船所、排水量は5,100トン、全長150.5m、定員は約200名です。対潜裝備の追加により1番艦「あきづき」(DD-115)よりも50トン増加しています。

本艦を含む「あきづき型」最大の注目点は、米国のイージスシステムに当たる射撃指揮装置に国産の00式射撃指揮装置(FCS-3)が搭載されていることです。さらに他にも多々国産装置が採用されています。詳しくは「あきづき型」記事をご覧いただくとして、ともかく記念碑的な軍艦であることは間違いありません。

大型のイージス艦「こんごう型」(いずれ「あたご型」も)が弾道ミサイル防衛にあたると僚艦の防空が手薄になるということから、近接僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で計画・建造されました。

250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmの発展型シースパローミサイル(ESSM)の組み合わせで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃します。イージス艦よりも新しい設計のため高精度となっており、データの発表がなく推測になりますが、おそらく24発の敵ミサイルを同時に迎撃することが可能です。

基幹となる射撃指揮装置を中心に国産純度の高い護衛艦として大いに活躍してもらい、次に続く国産高性能護衛艦の発展に寄与してくれるよう期待しています。

「てるづき/照月」、という名は大日本帝国海軍の秋月型駆逐艦「照月」、昭和35年(1960年)に就役した海上自衛隊初代旗艦「てるづき」に続き3代目です。

「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅18.3m
全 長151m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ロールス・ロイス スペイ(川崎・16,000shp)×4 
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員200名
初飛行
就 役平成25年(2013年)3月7日
退 役-
兵 装

あきづき(DD-115)

あきづき(DD-115)

「あきづき型」1番艦

待望の国産00式射撃指揮装置(FCS-3A)を搭載

※文頭写真:海上自衛隊
※「あきづき」についての性能詳細は「あきづき型」記事をご覧ください。

あきづき型」は海洋国家日本の安全保障にとって注目すべき大切な艦艇であり、そのネームシップが1番艦「あきづき」(DD-115)です。平成19年度(2007)計画で起工され、平成24年(2012年)に就役、第1護衛隊群第5護衛隊(佐世保)に編入されました。造船は三菱重工業長崎造船所、排水量は5,050トン、全長は150.5mです。

第1護衛隊群には横須賀の第1護衛隊と佐世保の第5護衛隊があります。あきづき(DD-115)の所属する第5護衛隊は、こんごう(DDG-173)、あけぼの(DD-108)、ありあけ(DD-109)、あきづき(DD-115)により構成されています。

あきづき(DD-115)、最大の注目点は、米国のイージスシステムに当たる射撃指揮装置に国産の00式射撃指揮装置(FCS-3)が搭載されていることです。さらに他にも多々国産装置が採用されています。詳しくは「あきづき型」記事をご覧いただくとして、ともかく記念碑的な軍艦であることは間違いありません。

大型のイージス艦「こんごう型」(いずれ「あたご型」も)が弾道ミサイル防衛にあたると僚艦の防空が手薄になるということから、近接僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で計画・建造されました。

250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmの発展型シースパローミサイル(ESSM)の組み合わせで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃します。イージス艦よりも新しい設計のため高精度となっており、データの発表がなく推測になりますが、おそらく24発の敵ミサイルを同時に迎撃することが可能です。

基幹となる射撃指揮装置を中心に国産純度の高い護衛艦として大いに活躍してもらい、次に続く国産高性能護衛艦の発展に寄与してくれるよう期待しています。

「あきづき/秋月」、という名は大日本帝国海軍の防空型駆逐艦「秋月」、昭和35年(1960年)に就役し、特務艦時代を含め平成5年(1993年)まで活躍した海上自衛隊の初代「あきづき」に続き3代目です。

「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅18.3m
全 長151m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ロールス・ロイス スペイ(川崎・16,000shp)×4 
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員200名
初飛行
就 役2012年3月14日
退 役-
兵 装

あきづき型

あきづき型

国産射撃管制システムを搭載した護衛艦

僚艦防空(ローカル・エリア・ディフェンス)を担う

※文頭写真:海上自衛隊

海上自衛隊の「あきづき型」護衛艦は、国産のFCS-3(00式射撃指揮装置3型)という射撃指揮装置を搭載した僚艦防空艦です。自艦だけでなく僚艦を防衛でき、その主力システムが国産であるというのが最大の特徴です。

「あきづき型」には4隻があります。1番艦はネームシップの「あきづき」(DD-115)、2番艦「てるづき」(DD-116)、3番艦「すずつき」(DD-117)、4番艦「ふゆづき」(DD-118)となっています。

平成24年(2012年)から順次就役し、排水量は5,050トン(2番艦以降は5,100トン)、全長150.5m、全幅18.3m、深さ10.9m、英国スペイ(川崎重工)のSM1Cガスタービン4基をCOGAC方式にて搭載(16,000馬力×4)、スクリュープロペラ2軸にて最大30キロノットの速力です。艦尾にはヘリコプター1機〜2機を運用できるヘリ甲板とデッキを備えています。

1番艦の「あきづき」(DD-115)〜3番艦「すずつき」(DD-117)までは三菱重工長崎造船所、4番艦の「ふゆづき」(DD-118)は三井造船玉野事業所において建造されました。所属等は次のとおりです。
「あきづき」(DD-115) 第1護衛隊群第5護衛隊(司令部:横須賀、定係港:佐世保)
「てるづき」(DD-116) 第2護衛隊群第6護衛隊(司令部:佐世保、定係港:横須賀)
「すずつき」(DD-117) 第4護衛隊群第8護衛隊(司令部:呉、定係港:佐世保)
「ふゆづき」(DD-118) 第3護衛隊群第7護衛隊(司令部:舞鶴、定係港:舞鶴)

「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」護衛艦の3番艦「すずつき」(DD-117)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」4番艦「ふゆづき」(DD-118)。写真:海上自衛隊

海上自衛隊にはイージスシステムを搭載し、通常の防空任務の他、弾道ミサイル防衛も担う大型艦として、こんごう型4隻、あたご型2隻の計6隻があります。弾道ミサイル防衛任務中には低空のミサイル防衛が手薄となることから、これを補うために「あきづき型」が計画・建造されました。英語でいうと、ローカル・エリア・ディフェンス(LAD)となります。

イージスシステムは約450kmのレーダー探索範囲を持ち、SM-2対空ミサイルの射程距離は約120kmです。一方日本のFCS-3は探索距離約250km、ESSM対空ミサイルの射程距離は50kmとなっています。

広範囲の防衛能力が低いといわれることがありますが、ローカル・エリア・ディフェンス(LAD)を目的としていますから的外れな批判です。価格を抑えて双方を満たすことができればよいのでしょうが、現在のところ総合的にみてこれでよいのです。単純比較はできませんが、イージス艦の「こんごう型」は1隻約1,500億円、「あさぎり型」は約750億円です。FCS-3は射程距離内ではイージスを上回る性能を持ち、将来性にも優れています。

国産FCS-3(00式射撃指揮装置3型)を採用した功績

「あさづき型」について大手報道などでは「日本版イージス」というような見出しがつけられていたように思います。間違いではありませんが、我らの祖国を守る軍艦ですから、もう少し細かくみていきましょう。

まずは、米国のイージスシステムに相当し、戦闘能力の中核となるFCS-3(00式射撃指揮装置3型)についてです。

米国が1980年代に開発したイージスシステムは、各種レーダーやミサイル、ネットワークを統合した戦闘システムであり、それまでの属人的な情報収集・判断・攻撃に比べ、飛躍的にその能力を高めました。そして、日本やその他の国々もこうした戦闘システムの開発を進めていました。

日本ではFCS-3の前にFCS-2という防空システムがありましたが、まだまだ人の手が必要な段階的なものであり、多目標への攻撃もできませんでした。1980年代前半から、FCS-2の後継開発が始まり、2000年にFCS-3が制式化されました。

FCS-3はイージスシステムに比べて新しいこともあり、基本設計から異なったものとなっています。

イージスシステムの中核を成す多機能レーダー(SPY-1)はSバンドのパッシブ・フェーズド・アレイ・レーダー(以下、PESA)。これに対して日本のFCS-3はアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー(以下、AESA)です。ちなみに戦闘機に初めてAESAレーダーを搭載したのは日本のF-2です。

一昔前のレーダーというとグルグルと動いている(走査)イメージがあります。それにより広範囲を探知しているわけですが、これをアンテナ素子の位相制御により動かさずに可能にしたのが、PESA、AESAといったフェーズド・アレイ・レーダー(位相配列レーダー)です。

PESAは移相器のみでつくられ、AESAは移相器に加えて増幅回路が組み込まれています。これにより、FCS-3に使われたAESAはPESAに比べて探知性能、省電力、高速、信号の損失低下、半導体化(イージスは電子管)、耐久性、秘匿性等々といった様々面において優れています。要するにAESAはPESAより進んだ技術のレーダーということです。

艦橋に八角形の白い板のようなものがついており、これがAESAレーダーです。大きい方がCバンド、小さい方がXバンドです。

ちなみに、FCS-3のAESAレーダーは300の目標を同時に探知追尾することができます。拡張性にも優れており、ミサイルや戦術情報処理装置など他の様々な装置とのバランスをとりつつ、イージスレーダーに比べて比較的容易に性能向上を計ることができます。

「あさづき型」に搭載されたFCS-3は改良型のFCS-3Aであり、初めて搭載された「ひゅうが型」のFCS-3に比べ、モジュール出力は3倍以上となっており、戦闘指揮システム(QYQ-11)も改良され、より多くの目標を探知追尾でき、自艦以外へと向かうミサイルなどへの対処能力も付与されています。

このような新鋭艦である「あきづき型」の戦闘指揮所(CIC=Combat Information Center)にはディスプレイがいくつも並び、レーダー、通信、武器など様々な情報が集まり、情報が反映された共通状況図など、機密事項が多くあります。戦闘時には当然ながら、艦長がここから指揮を執ります。機密性が高く、乗組員でさえ立入制限されるそうです。

ほぼ国産といってよい記念すべき軍艦

艦船のイージスシステムやFCS-3、戦闘機の飛行制御装置などの複雑な統合装置は膨大な時間をかけて成長していきます。訓練や実験を通して得たデータを反映させ、装置やプログラムを育てていくものであり、特にプログラムの比重は高いものとなっています。我々国民は粘り強く見守っていくことが必要となってきます。
「あきづき型」の建造が計画された時、米国製イージスシステムのLADに適したものも検討されましたが、結局、国産のFCS-3が採用されました。小銃、戦車、戦闘機など自衛隊では多くの国産兵器が活躍し、日本を守ってくれています。ぜひ艦船も国産をと思い続けていましたからFCS-3Aを搭載した「あきづき型」は待望の艦船でした。

「あきづき型」4隻は三菱重工業 長崎造船所及び三井造船 玉野事業所において建造され、船体はもちろん、多くの国産製品が使われています。主には以下のようなものがあります。
・00式射撃指揮装置3型(FCS-3A)
・作戦級システム「海上作戦舞台指揮管制支援(MOF)システム」
・航海レーダー・対水上捜索レーダー「OPS-20C」(日本無線製)
・水上艦用電波探知妨害装置「NOLQ-3D」
・川崎M1A-35ガスタービン発電機(川崎重工業)
・90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)

イージスシステムももちろん世界をリードする優秀な兵器です。しかし、ブラックボックス(開けられない極秘部分)があり、そこについては日本の現場でさわれないという問題もあります。国産であれば、日本の現場で起こる問題をどんどん吸い上げ、、日本の技術を存分に発揮した改良を施すことができ、知識・技術を蓄積することができます。

気をつけるのは逆に技術を盗まれないことです。そろそろ米国並にスパイ防止法等の整備を考えるべきだと思います。そもそもあって当たり前ともいえます。

「あきづき型」2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊

「あきづき型」2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊
「あきづき型」2番艦「てるづき」(DD-116)。写真:海上自衛隊

難題だったエンジン国産化にも道筋

一つ残念なのはエンジンです。艦艇のガスタービンエンジンは、航空機用に開発されたものが基本となることが多いです。飛行機や艦艇のエンジン開発は大変難しいものです。

大東亜戦争に負け飛行機の開発を禁じられた日本は、戦争末期から始まったジェット・エンジン時代に大きな遅れをとってしまいました。平成30年が間近となったいまでも、国産エンジンを搭載した戦闘機はなく、当然軍艦もありません。

これだけ国産化された「あきづき型」でも、エンジンは英国ロールス・ロイス社が1964年に開発し、以後現在まで改良され続けている「スペイSM1C」を、川崎重工業がライセンス生産し4基搭載しています。しかし、国産エンジンを搭載した護衛艦が就役する日も確実に近づいているのです。

現在開発中のF-2に代わる次期国産戦闘機では待望の国産ジェットエンジンが搭載されることとなっています。このエンジンは防衛省技術研究本部とIHI(旧 石川島播磨重工業)が研究開発しXF5-1と名付けられています。

次期国産戦闘機開発は、平成28年(2016年)4月22日、先進技術実証機X-2が初飛行に成功しました。この開発が順調に進み、国産エンジンを積んだ戦闘機が就役すれば、次はそのエンジン技術を使って艦艇用エンジンの開発が進むはずです。近い将来、海自護衛艦にも国産ターボファンエンジンが搭載される日が確実にくるでしょう。

防衛事務次官の利益供与事件の影響

海自護衛艦はこれまで米国GE社のLM2500(IHI社がライセンス生産)と上記スペイを2基ずつ計4基積むケースが主流でした。「あきづき型」もその予定だったでしょうが、選定時点で防衛事務次官による山田洋行社への便宜供与問題が報じられ、これに関連していたGE社のLM2500が外されることとなりました。

海自機関科の関係者に話をきくと、スペイは燃料の不純物に弱いなどデリケートな部分が多く、LM2500の方が扱いやすいとのことですから現場の方々が苦労されるのではと心配です。

ステルス性

ステルス(stealth)とは、レーダー等のセンサー類から探知され難くする軍事技術であり、形状、素材、表面塗装、磁力、静粛などの手法があります。現代の戦闘は視界外戦闘が主流となっていますから、レーダーに映らなければいないのと同じです。ちなみに、ステルス艦の始まりといわれる一つに大東亜戦争時代の大日本帝国海軍潜水艦があります。

ステルス性の進んだ戦闘機の場合、最新型の米国製F-35では小鳥程度にしか映らないといわれますが、巨大な「あきづき型」が小鳥程度になることはないでしょう。艦船のステルスについてはデータが得られず、その効果は具体的にはわかりませんが、5,050t級の「あきづき型」が1,500t級に映るとすれば、大きな効果があります。

「あきづき型」では、ステルス性能がかなり進歩したといわれます。一見してわかるのは船体や甲板上部の構造物の傾斜。これはレーダーを発信元でない方向に反射させるための形状ステルスです。さらに、上述のAESAレーダーを搭載したFCS-3の恩恵により、それまでマストに設置されていた対空レーダーがなくなったことでマストを減らすことができ、レーダーに移りやすい突起物軽減に役立っています。

システム系

システム系では、初の国産システムということでFCS-3(00式射撃指揮装置3型)が最も重要でしょう。そして、FCS-3を含むいくつかのシステムを統合するC4Iシステムがあり、概ね以下のような構成です。

◎C4Iシステム
MOFシステム(海上作戦部隊指揮管制支援システム)、FCS-3(00式射撃指揮装置3型)、OYQ-11(海軍戦術情報システム)、リンク11/16(戦術データ・リンク)

イメージとしては、自衛隊及び同盟軍のすべての情報を元に判断・行動するということです。例えば、自艦のレーダーを使用することなく(逆探知の可能性を排除)目標のデータだけを受け取り、ミサイルを発射して撃破ということもできます。

艦長等の指揮官はディスプレイに表示された共通作戦状況図(COP=Common Operational Picture)を見ながら指揮することになり、そこには戦力の配置や可能な行動、地形や気象などの戦闘空間の状況等々が表示されます。

対空裝備

対空裝備は、ESSM短SAMと高性能20mm機関砲(CIWS)です。CIWSは至近距離において迎撃する近接防御火器システムであり、非常時ともいえる最終手段であることから、ほぼ独立しています。
「あさづき型」の主力防空を担うのは、FCS-3Aにより管制されたESSM(Evolved Sea Sparrow Missile)短SAMです。米国レイセオン社の艦対空ミサイルであり、日本向けの製造は三菱電機が行っています。
直系は0.25m、全長3.8m、重量300kg、射程距離50km、飛翔速度はマッハ2.5〜3、誘導方式はセミアクティブ・レーダー・ホーミングという概要です。推力を偏向制御できるTVC(Thrust Vector Control)という装置が組み込まれており、低速度でも優秀な運動能力を発揮します。
セミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)とは、撃ちっぱなしでミサイルが自律誘導により目標に向かうのではなく、発射母体(この場合は「あきづき型」)が目標に対して電波を照射し、その反射をミサイルに搭載した目標捜索装置(シーカー)が検知して追跡する方式です。ESSMを誘導するためのレーダー波照射のアルゴリズムは2種類ある八角形のFCS-3のレーダーのうち、4つある小さい方が担います(イルミネーター)。
かつては発射母体がレーダーを照射し続けなくてはならず、その間、他のミサイルを誘導できないということになります。しかし「あきづき型」のミサイル(ESSM)は中間の誘導を慣性航法装置や他の無線リンクでも可能とし、ICWI(間欠連続波照射)機能も備えています。ここから推測すると、同時に誘導できるミサイルの最大数は1つのイルミネーターにつき6発、計24発と推測します。

「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)の艦橋。ステルス性を高めるための傾斜がわかります。中ほど、左右均等に配置された4つの白色八角形のものがFCS-3Aのレーダー。大きい方がCバンド、小さいほうがXバンド(後方にも同数)。正面の長い円筒形のものはCIWS。艦橋上部にはOPS-20C水上レーダーなどがあります。写真:海上自衛隊
「あきづき型」1番艦「あきづき」(DD-115)の艦橋。ステルス性を高めるための傾斜がわかります。中ほど、左右均等に配置された4つの白色八角形のものがFCS-3Aのレーダー。大きい方がCバンド、小さいほうがXバンド(後方にも同数)。正面の長い円筒形のものはCIWS。艦橋上部にはOPS-20C水上レーダーなどがあります。写真:海上自衛隊

ESSMは垂直発射装置(Mk.41 mod.29 VLS(Vertical Launching System))という米国製の発射装置に入っています。筒が甲板に縦に刺さるように整然と並ぶ保管庫のような形状をしており、そのまま上に向けて発射されます。一つ一つの筒はセルと呼ばれ「あきづき型」は32セルを備えています。

対艦裝備

対艦は、主に対水上捜索レーダー「OPS-20C(日本無線製)」と「90式対艦誘導弾(SSM-1B、三菱重工製)」が担い、加えて62口径5インチ単装砲(Mk.45 mod.4)が補います。
OPS-20Cはマスト中段にある細くて横長のものがメイン、左下にある同形状で小型のものがサブです。
90式対艦誘導弾(SSM-1B)は、艦中央やや後部にある筒状のもので2本ずつ左右に設置されています。全長約5m、重量660kg、射程距離は約150km、慣性航法とアクティブ・レーダー誘導により目標に向かい、時速1,150kmで飛翔します。
筒状の発射台などの装置は米国の艦体艦ミサイル、ハープーンも使用することができ、作戦能力を高めています。

対潜裝備

◎魚雷防御システム(TCM=Torpedo Counter Measure)
「あきづき型」は日本電気製のOQQ-22統合ソナー・システムに各種ジャマー・デコイを一元管理する魚雷防御システム(TCM=Torpedo Counter Measure)を備えています。これは、従来護衛艦よりも大幅に刷新されたものであり、最大の特徴は、統合システム化です。

イージスシステムにしても、00式射撃指揮装置3型(FCS-3)にしてもそうですが、最新兵器は自艦だけでなくネットワークを駆使して味方の情報・火力を統合することにより、戦闘能力を飛躍的に高めています。

水中を伝播する音波を利用して探索、探知、測距するソナー(超音波探信儀)は、上記のOQQ-22統合ソナー・システムを搭載し、デコイやジャマーは曳航具4型対魚雷デコイを2基、投射型静止式ジャマー(FAJ)2基、自走式デコイ(MOD)2基を裝備しています。

ジャマーやデコイは、簡単にいってしまえば囮です。ソナーにより敵潜水艦を探知し、敵潜水艦の発射した魚雷を囮となるジャマーやデコイに向かわせ、自艦を守ります。

ある海自関係者は「潜水艦は強い。」としみじみ語っていました。水上艦にとっていかに潜水艦が脅威なのかが伝わってきました。日本は非原子力の潜水艦建造・運用においては世界のトップを走ります。

「潜水艦には潜水艦」がもっとも適切な対処だということでしたが、それだけに頼るわけにもいきませんから、「あさづき型」を始め各水上艦は上記のように様々な手段を用いて脅威に対抗しています。

◎開発中の新システム「バイ/マルチスタティック戦術」
防衛省による平成28年度概算要求の概要では「可変深度ソーナーシステムの開発(予算97億円)」が盛り込まれ、次のような説明がなされています。
「護衛艦に搭載する新たなソーナーシステムとして、層深下に潜航した潜水艦の探知類別能力を向上させるため、えい航式ソーナーにアクティブソーナーの機能を付加し、複数の護衛艦で相互連携による捜索を可能とする可変深度どーナーシステムを開発」。

洋上無線ルータを使用して複数の護衛艦が相互連携するシステムのようですから、より精度の向上が実現するでしょう。バイ/マルチスタティック戦術といわれます。

◎07式垂直発射投射ロケット
魚雷防御システム(TCM)により敵潜水艦から自艦を守るとともに、探知した敵潜水艦を攻撃するのが艦対潜ミサイルです。「あきづき型」1番艦の「あきづき(DD-115)」は、米ロッキード・マーチン社製の垂直発射式(VL)アスロックを、2番艦「てるづき(DD-116)」以降はアスロックよりも性能向上した2007年制式採用の「07式垂直発射投射ロケット」(通称:新アスロック)を裝備しています。

「07式垂直発射投射ロケット」は新アスロックともいわれるように、アスロックの性能向上型といえます。特に、即応性と遠距離での対潜対処能力を高めたものとなっています。

新アスロックというとと言うと米国のアスロックの改良版のようですが、日本の技術研究本部が開発した国産兵器です。その辺あまりこだわらないところが控え目でよいです。

ちなみに、中国や韓国は兵器の性能を現実よりも大変高いものと強調し、実態は欠陥だらけということが往々にしてありますが、日本の場合は実態より高くいうことはまずありませんから、いざというときには信頼できます。

07式垂直発射投射ロケットはその名の通り、VLS(垂直発射システム)から垂直に発射され、目標海域まで飛翔、ロケット部分を切り離しパラシュートを開いて着水、弾頭部分の97式魚雷や12式魚雷が水中を目標に向かいます。

正確な性能は開示されていませんが、速度50〜60ノット、攻撃可能な深度は1,000m程ではないかと思われます。

電子戦装置

電子戦というのは、敵の電波を傍受・分析、敵の電波機器を攻撃、自艦を電子攻撃から防護するなどの活動のことです。日本は戦後一貫して研究開発されており、「あきづき型」に搭載されているNQLQ-3Dは第3世代にあたります。

ヘリコプター

艦尾にヘリ甲板とハンガーが備えられ、SH-60J/K哨戒ヘリコプターは常用1機(最大2機)、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターの場合は1機の運用が可能です。SH-60Kと艦はORQ-1C-2ヘリコプター・データリンクにより情報共有されています。

上記の中でもSH-60Kは三菱重工と防衛庁が開発した対潜哨戒・汎用ヘリコプターで、2005年から運用されている高性能ヘリです。
レーダー、ソノブイ(使いきり対潜水艦用音響捜索機器)、磁気探査装置(MAD)、電子戦支援装置(ESM)、赤外線探知装置(FLIR)、逆合成開口レーダー(ISAR)を搭載しており、これらを駆使した探知性能は潜水艦にとっては「嫌な奴」です。

発見した潜水艦を剛撃する97式短魚雷、対潜爆弾の他、AGM-114Mヘルファイア2空対艦ミサイル、74式機銃といった武装を備え、小型艦艇であれば攻撃も可能です。

SH-60J。写真:海上自衛隊
SH-60J。写真:海上自衛隊

SH-60K。写真:海上自衛隊
SH-60K。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅18.3m
全 長151m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ロールス・ロイス スペイ(川崎・16,000shp)×4 
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員200名
初飛行
就 役平成22年(2010年)〜平成24年(2012年)
退 役-
兵 装

ひゅうが(DDH-181)

ひゅうが(DDH-181)

海自の初代ヘリ空母「ひゅうが型」の1番艦

海自、戦後最大の護衛艦として建造される

※文頭写真:海上自衛隊。
※「いせ」(DDH-182)の性能等についての詳細は「ひゅうが型」記事をご覧ください。

「ひゅうが」(DDH-181)は海上自衛隊の国産ヘリ空母。海上自衛隊ではヘリコプター搭載型護衛艦に分類されています。

平成16年(2004年)に発注され、平成18年(2006年)5月11日起工、平成19年(2007年)8月23日進水、平成21年(2009年)3月18日に就役、第1護衛隊群第1護衛隊に編入され、神奈川県の横須賀港に配備されました。その後、平成27年(2015年)第3護衛隊群第3護衛隊に編入され、京都府舞鶴港に転籍となりました。

横須賀に配備された当時、一目見たいとかけつけました。横須賀港はJR横須賀駅にとても近く、海沿いに公園が整備されているため、ゆったりとみることができます。

それまでも、海上自衛隊の護衛艦は同じ場所からみたことはあり、米軍の原子力空母にも搭乗したことがありましたが、それらとは違う感銘を受けました。

いまから70年前、日本の先人たちは欧米の植民地化を拒否し、大東亜戦争を戦いました。大砲巨艦主義が席巻していたその時代、日本は空母機動艦隊という戦術を編み出し果敢に戦いました。

戦後の歪んだ教育、事実に反する刷り込みにも屈せず、我らの海上自衛隊は世界最古の独立国家である日本の海軍として、限られた状況のなか、屈強にあり続けたことを「ひゅうが」(DDH-181)をみて思い出しました。

全長197m、全幅33m、満載排水量19,000トン、全通甲板を有した「ひゅうが」(DDH-181)の雄姿は、それほどに実に頼もしいものです。

潜水艦の脅威から領海を守る

大雑把にいってしまえば、現状、日米艦隊の作戦行動において唯一の大きな脅威は潜水艦です。そのため海上自衛隊は、日本領海における機雷掃海・対潜水艦の脅威除去を大きな任務としており、その任務を果たすために「ひゅうが」(DDH-181)も建造されました。

「ひゅうが」(DDH-181)の搭載するヘリコプターは、強力な対潜水艦能力を発揮するだけでなく、災害時には救援活動の母艦として大いに活躍するでしょう。さらには、高度な指揮・管制能力を持っており、陸海空自衛隊、場合によっては米軍とも連携した統合作戦における洋上の自衛隊司令部として任務を遂行します。

平成28年熊本地震

平成28年(2016年)4月14日午後9時26分頃、熊本地方を震源としてマグニチュード6.5、最大震度7、続いて4月16日午前1時25分頃、同じくマグニチュード7.3、最大震度6強という大きな地震が発生しました。この災害に際して、「ひゅうが」(DDH-181)は八代海に停泊してヘリや物資の集積拠点として災害支援活動を行ないました。

災害支援にあたった米海兵隊のMV22オスプレイは、「ひゅうが」(DDH-181)に離着艦し救援物資の積み込みや燃料給油などを行いました。

「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊

「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)の艦橋。各種のアンテナがみえます。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)の艦橋。各種のアンテナがみえます。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊
米艦隊と行動中の「ひゅうが」(DDH-181)。一番手前が「ひゅうが」、一つ奥は米海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」。写真:海上自衛隊
米艦隊と行動中の「ひゅうが」(DDH-181)。一番手前が「ひゅうが」、一つ奥は米海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」。写真:海上自衛隊
平成28年熊本地震において災害支援を行う「ひゅうが」。熊本県八代沖にて米海兵隊のMV22オスプレイが着艦しています。写真:海上自衛隊
平成28年熊本地震において災害支援を行う「ひゅうが」。熊本県八代沖にて米海兵隊のMV22オスプレイが着艦しています。写真:海上自衛隊
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅33m
全 長197m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ゼネラル・エレクトリック(IHIライセンス生産)LM2500型ガスタービンエンジン(25,000ps)×4
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員約380名
初飛行
就 役平成21年(2009年)3月18日
退 役-
兵 装

いせ(DDH-182)

いせ(DDH-182)

海自ヘリ空母「ひゅうが型」の2番艦

国産ヘリ空母

※文頭写真:海上自衛隊。
※「いせ」(DDH-182)の性能等についての詳細は「ひゅうが型」記事をご覧ください。

「いせ」(DDH-182)は海上自衛隊、ひゅうが型護衛艦の2番艦。起工は平成20年(2008年)5月30日、進水は平成21年(2009年)8月21日、就役は平成23年(2011年)3月16日です。就役後は広島県呉基地を母港とする第4護衛隊群第4護衛隊に編入され、艦隊の旗艦となりました。

ひゅうが型は海上自衛隊で初めて全通甲板を採用した護衛艦であり、平成21年(2009年)にネームシップの「ひゅうが(DDH-181)」が就役しました。全通甲板とは艦首から船尾まで通じた飛行甲板のことです。一般的に空母といわれてイメージする甲板の形がこれで、ほとんどの空母がこの形をとっています。

「いせ」の全長は197m、満載排水量19,000トン(基準排水量13,950トン)、ヘリコプター最大搭載機数は11機、4つのヘリポートを備えています。艦自体に裝備された強力な対潜・対空能力に加えて搭載ヘリコプターによる高い対戦戦闘能力を備えています。

造船は株式会社アイ・エイチ・アイ・マリンユナイテッド(IHI)の横浜工場において行われました。IHI社は、水戸藩主徳川斉昭による石川島造船所に始まる石川島播磨重工業(IHI)の造船事業分野と明治初期に榎本武揚らにより創設された浦賀船渠を起源とする住友重機械工業の艦艇造船部門を統合した会社です。

いずも型との違い

2015年(平成27年)に就役した最新のヘリコプター搭載型護衛艦であるいずも型の「いずも(DDH-183)」は、全長が「いせ」の197mを51m上回る248mであり、飛行甲板の面積も1.5倍、最大搭載機数は3機多い14機、ヘリポートも「いせ」より一つ多い5つとなっています。

同じヘリコプター搭載護衛艦でも、「ひゅうが型」と「いずも型」は性格が異なります。「いせ(DDH-182)」が自身も強力な対潜・対空戦闘能力を備えているのに対し、「いずも」のそれは限定的であり、搭載機と僚艦の護衛を受ける形となります。

大雑把にいえば、「ひゅうが型」はこれまでの護衛艦に近いヘリコプター搭載型であり、「いずも型」はよりヘリ空母化されたものといえるでしょう。

活動

平成28年(2016年)4月12日〜16日、インドネシア海軍主催多国間共同演習「コモド2016」及び、同海軍国際観艦式に参加。同4月17日〜19日、日米豪共同海外巡行訓練を実施しました。これらは、チベット、モンゴル、ブータンなど、第2次世界大戦後、次々と侵略を続ける中国が南沙諸島へも侵略してきたことから、国際社会が共同して対抗しているものです。

平成28年(2016年)4月26日、「いせ」(DDH-182)はフィリピン北部ルソン島スービック港に入港。同月上旬には海自潜水艦も寄港しており、日比防衛協力の強化が推進されています。これは、無根拠に他国の領海を自国のものと主張し南シナ海の軍事拠点化によりしている中国に対する牽制の一つです。同月29日には出航し、シンガポールへと向かいます。普通に考えると日米及び周辺国により、即座に中国南シナ海の軍事拠点は破壊しなければならないでしょう。

日米統合演習(キーン・ソード2013)に参加した後、東シナ海を航行中の「いせ」(DDH-182)。写真:USNAVY
日米統合演習(キーン・ソード2013)に参加した後、東シナ海を航行中の「いせ」(DDH-182)。写真:USNAVY

一番手前が、環太平洋合同演習(RIMPAC)2014に参加中の「いせ」(DDH-182)。写真:海上自衛隊
一番手前が、環太平洋合同演習(RIMPAC)2014に参加中の「いせ」(DDH-182)。写真:海上自衛隊
左が「いせ」(DDH-182)、右が「きりしま」(DDG-174)。こんごう型護衛艦の「きりしま」も艦尾にヘリポートを備えています。写真:海上自衛隊
左が「いせ」(DDH-182)、右が「きりしま」(DDG-174)。こんごう型護衛艦の「きりしま」も艦尾にヘリポートを備えています。写真:海上自衛隊
「いせ」(DDH-182)艦内においてブリーフィングを行う海上自衛隊と米海兵隊。写真:DoD
「いせ」(DDH-182)艦内においてブリーフィングを行う海上自衛隊と米海兵隊。写真:DoD
運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅33m
全 長197m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ゼネラル・エレクトリック(IHIライセンス生産)LM2500型ガスタービンエンジン(25,000ps)×4
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員347名
初飛行
就 役平成23年(2011年)3月16日
退 役-
兵 装

ひゅうが型

ひゅうが型

海自初の空母型護衛艦

海自護衛艦隊旗艦を務めるヘリ空母

※文頭写真:海上自衛隊。「ひゅうが型2隻」の勇壮な姿。前をいくのは「ひゅうが」(DDH-181)、後は「いせ」(DDH-182)。

どんな軍艦か?

ヘリコプター搭載型護衛艦ひゅうが型は、潜水艦の天敵ともいえる存在です。満載排水量19,000トン、全長197m、最大11機のヘリコプター(通常4機程度)を搭載し、350名が乗員します。

充実した指揮管制能力、輸送能力を備え、島嶼奪還などの上陸作戦においては自衛隊統合作戦の中心的な存在となります。これらの能力に加えて医療設備も備えており、災害時にも大いに活躍してくれるでしょう。

潜水艦の天敵、ヘリコプターの母艦であり、自身も強力なソナー(超音波探信儀)を裝備、NATO諸国において広く使用される米国製高性能対潜ミサイル、アスロックを搭載するなど日本の領土や資産を狙う(またはすでに侵略している)諸外国にとって脅威となります。

ネームシップである1番艦の「ひゅうが」(DDH-181)は平成18年(2006年)5月30日に起工され、平成19年(2007年)8月23日に進水、平成21年(2009年)就役し第1護衛隊群第1護衛隊に編入、横須賀に配備されました。その後平成27年(2015年)3月25日、第3護衛隊群第3護衛隊所属となり舞鶴が母港となりました。

2番艦の「いせ」(DDH-182)「ひゅうが」(DDH-181)の起工から2年後の平成20年(2008年)5月30日に起工され、平成21年(2009年)8月21日に進水、平成23年(2011年)3月16日に就役し第4護衛隊群第4護衛隊に編入、呉に配備されました。

潜水艦の脅威

海上自衛隊の対潜水艦能力は世界有数です。海上自衛隊は世界第6位の海洋面積を持つ日本海域において、潜水艦の脅威を取り払うことを最重要任務としおり、その計画にそってひゅうが型も建造されています。そして日本の対潜水艦能力、機雷掃海能力は世界有数です。

海上自衛隊の海軍力は現在世界第2位。同盟国の米国は圧倒的世界第1位ですから、日米艦隊は最強の存在です。しかし、そんな最強艦隊にとって唯一といってもいい脅威が潜水艦です。

日米艦隊において攻撃的な能力を担うのは米海軍であり、具体的には原子力空母を中心として、ミサイル巡洋艦、駆逐艦、フリゲート艦などの護衛艦に潜水艦、補給艦などが加わる空母打撃群です。昔は10隻前後の艦艇により構成されていましたが、最近は艦艇の能力向上により6隻編制となっています。

海上自衛隊は、日米同盟において攻撃力を担う米軍艦艇の航行ルートから潜水艦の脅威を取り除く大変重要な任務を担っているというわけです。このあたりは我々一般市民でもすぐに読むことの出来る防衛省の防衛計画にも書かれていますから、ネット等で簡単に読むことが出来ます。

海上自衛隊では対潜水艦任務の重要性を踏まえて、1970年代前半に建造され2011年に全艦退役した「はるな型」、1977年〜1981年にかけて建造され1980年から就役している「しらね型」を配備してきました。「しらね型」に続いて建造されたのが「ひゅうが型」、さらに現在では「いずも型」も就役しています。

平成29年(2017年)には「しらね型」の「くらま」(DDH-144)が退役予定となっており、これにより海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦は「ひゅうが型」、「いずも型」各2隻、計4隻となり。全艦が全通甲板を備えており、通俗的にいうと、ヘリコプター空母4隻配備という状態となっています。

しらね型」のヘリコプター搭載数は3機、「ひゅうが型」では最大11機、いずも型は最大14機となっており、海上自衛隊におけるヘリコプター運用能力は飛躍的に高まっています。

ちなみに、原子力ではない通常動力型の潜水艦建造能力においては、世界一の技術を有しており、現在のところ日本の海中における優位は、北朝鮮や中国とは比較にならない強力なものです。オーストラリアに技術提供という話がありますが、同国は中国と仲良しですから危険を感じます。

ヘリコプター搭載能力

一目見て、これまでの護衛艦と違うのは、197mとそれまでの海自護衛艦よりも大きな船体、艦首から艦尾まで全面に貫かれた全通甲板です。甲板にはヘリコプター発着ポイントが4か所あり、甲板下の格納・整備区画は長さ120m、幅20mを確保しています。海上自衛隊過去最大の大きさは、最大11機のヘリコプター運用を可能にしています。

「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)。写真:海上自衛隊

搭載されるヘリコプターは、通常SH-60J/K哨戒ヘリコプター、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターです。日米合同訓練では米海兵隊のMV-22Bオスプレイも運用されました。

八代湾において「ひゅうが」(DDH-181)に着艦する米海兵隊のMV-22オスプレイ。平成28年(2016年)4月に発生した熊本地震の救援活動を行っています。写真:USNAVY
八代湾において「ひゅうが」(DDH-181)に着艦する米海兵隊のMV-22オスプレイ。平成28年(2016年)4月に発生した熊本地震の救援活動を行っています。写真:USNAVY

SH-60Jはアメリカのシコルスキー・エアクラフト社が開発しアメリカ海軍が採用していたSH-60Bを日本仕様とし、三菱重工がライセンス生産した哨戒ヘリコプターです。主に対潜哨戒、敵ミサイルや航空機の探知などを行ない、捜索救難、輸送、機雷除去、通信中継など多用途に活躍します。高性能なレーダーやソナー、カメラ、逆探知装置、Mk46短魚雷を備えており、レーダーの画像は護衛艦でも同時に見ることができます。護衛艦の索敵能力を飛躍的に高めることができ、データリンクにより護衛艦のシステムと直結しており、HS(ヘリコプターシステム)とも呼ばれます。

SH-60Kは、SH-60Jを防衛庁と三菱重工が独自に能力向上を行ったヘリコプターです。2001年に初飛行し、現在でも調達・配備が続いています。機体形状、エンジン、ローターなど主要部分の変更、戦術情報処理表示装置を備えるなど、ほぼ新型機といってもいい程の改良がなされました。

「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊
「ひゅうが」(DDH-181)に着艦するSH-60J。写真:海上自衛隊

レーダーやソナーが強化され、SH-60JではMk46短魚雷と機銃のみだった武装は、97式短魚雷、AGM-114M ヘルファイアⅡ 対艦ミサイル、対潜爆弾などが加わり、より攻撃力が強化されています。コクピットもディスプレイが並ぶグラスコクピットとなり、より高度な情報処理を可能にしています。

SH-60K。写真:海上自衛隊
SH-60K。写真:海上自衛隊

兵装

ひゅうが型はヘリコプター運用に特化しているため、自身の防空・対艦能力は限定的です。主な兵装は次のようになっています。
12.7mmM2重機関銃:7基
近接防御火器システム(CIWS)20mm機関砲:2基
Mk.41VLSミサイル発射機:1基
Mk.32短魚雷発射管:2基

2007年に就役した海自最新のイージス護衛艦あたご(DDG-177)の場合は次のようになっています。
62口径5インチ単装砲:1基
近接防御火器システム(CIWS)20mm機関砲:2基
Mk.41VLSミサイル発射機:2基
90式艦対艦ミサイル発射筒:2基
63式3連装単魚雷発射管:2基
電波探知妨害装置:1基

単純に兵装を比べただけでも「あたご」(DDG-177)の兵装は強力であり、さらにイージス武器システムを搭載しています。イージス武器システムは、AN/SPY-1D(V)という多機能レーダーを中心として兵装をシステム化し、データ・リンクにより情報システムとも連携することにより128以上の目標を同時追尾し、10以上の目標を同時攻撃可能です。「イージス艦」というのは、戦艦や巡洋艦のように艦級を表すのではなく、この「イージス武器システム」を搭載している艦艇をいいます。

イージス武器システムではないひゅうが型もコンピュータ制御の優秀な武器システムを有していますが、防空に関しては他の護衛艦が主に担うということになります。

現代の艦艇は、昔のように人が目標を探して撃つということはほぼありません。レーダーが探知し自動的に照準・射撃を行ないます。情報処理においても高度な電子化が施され、「ひゅうが型」もまた例外ではありません。

「ひゅうが型」には戦術処理のためのC4ISTARシステムが搭載されています。C4Iシステムは正確には「C Quadruple I system/シークウォドルプル・アイ・システム」といい、要するに軍全体の情報処理システムの総称です。

基本的にアメリカ軍に準じたものとなっており、戦闘時に指揮官の意思決定を助けたり、指揮を伝達するだけではなく事務管理を含めた海上自衛隊全体の情報を統括しており、さらには、陸・空自衛隊のC4ISTARシステムとの連携により、全体の情報が統合運用されています。

「ひゅうが型」に搭載されたC4Iは海上作戦部隊指揮管制システム MOFシステム(Maritime Operation Force System)、海上用汎地球指揮統制システム GCCS-M、海軍戦術情報システム NTDS、戦闘指揮装置 OYQ-10により構成されています。

個々の武装を統括する「ひゅうが型」の戦闘指揮はATECS(Advanced Technology Combat System)と呼ばれます。中心にはOYQ-10という指揮戦闘装置があり、これに対空を担当する艦載用射撃指揮装置FCS-3(00式射撃式装置3型)や、対潜戦闘装置OQQ-21、NOLQ-3C電波探知妨害装置(電子戦装置)などが連携され、最適な戦闘行動を行うことができます。

新戦闘指揮装置ACDS(Advanced Combat Direction System)であるOYQ-10が搭載され、従来の戦闘指揮装置よりもより一層迅速な戦術状況判断、強化された同時多目的処理能力を持つなど戦闘能力が向上しています。

日本の防衛省技術研究本部が開発した艦載用射撃指揮装置FCS-3(00式射撃式装置3型)、対潜情報処理装置ASWCS (Anti Submarine Warfare Control System)、水上艦用EW管制装置EWCSなどの各装置がOYQ-10と連携し状況に応じた最適な戦闘行動を行うことができます。

ひゅうが型に続いて開発・配備されたより大型のヘリコプター搭載型護衛艦いずも型は、ミサイルなど自身の裝備をより少なくし、ヘリコプター搭載数の増加、指揮管制・輸送能力の強化などが計られています。これは、米原子力空母のように自艦の防衛・攻撃は搭載する戦闘機や艦隊を構成する他の艦船に任せるということです。

固定翼戦闘機の運用

「ひゅうが型」も「いずも型」も、戦闘機の搭載についての言及が報道によくみられますが、防衛省が「固定翼戦闘機を搭載する計画はない」という主旨のコメントをしている通りだと思います。

現在の日本は基本的に他国を先制攻撃することはありません。戦闘機を搭載した空母というのは、自国を離れた場所において打撃力を発揮するものですから、現状では保持する理由がありません。

今日、日本が侵略されている場所は、北方領土、竹島、主に侵略される恐れがあるのは尖閣諸島です。例えば、竹島を奪回する場合でも、空母を建造するよりも本土の飛行場や空中給油を利用する方がはるかに効率が良いです。ただし、「ひゅうが型」の指揮通信能力や輸送能力が大いに発揮されることは想像できます。

将来的にアジア全域を中国の覇権から守る役割を担うとすれば、純粋な空母が必要になるかもしれません。その場合には、日本は「いずも型」、「ひゅうが型」の改修ではなく、新たに空母を建造するでしょう。

空母に限らなければ個別防衛のために攻撃型艦船は必要ともいえます。日本は、北朝鮮という国家に国民を拉致され、固有の領土である竹島や北方領土を侵略され、海底を通して中国に資源を奪われているわけですから、これは迅速に解決しなくてはいけません。国家国民の生命財産を守ることですから。

充分な戦力があり「交渉に応じない場合には自衛隊を派遣し、万難を排してでも拉致被害者を取り返す」という当然の意志があって初めて北朝鮮も本気で拉致被害者を返し、今後同様の犯罪行為を行わなくなるのではないでしょうか。

普通に考えて、盗みを働いたプロの犯罪者を捕まえもせず罰する強制力もなく、ただ返してくれといったところでまともに交渉に応じるとは考えられません。国内で警察が犯罪者にやっていることを当たり前にやらなければだめでしょう。

運用者海上自衛隊
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅33m
全 長197m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機COGAC方式/ゼネラル・エレクトリック(IHIライセンス生産)LM2500型ガスタービンエンジン(25,000ps)×4
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員347名
初飛行
就 役平成21年(2009年)〜平成23年(2011年)
退 役-
兵 装