「Mk45 5インチ砲」タグアーカイブ

ラッセン

Lassen(DDG-82)
ラッセンLassen(DDG-82)

フライト2A能力向上型、イージス駆逐艦

横須賀を母港とする第7艦隊に所属

ラッセン(2001-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の32番艦です。1998年8月に起工され、1999年10月に進水、2001年4月に就役しました。製造費は約800億円(1ドル100円として)。横須賀を母港とする第7艦隊に所属しています。

南シナ海において訓練中のラッセン(DDG-82)。マーク45 5インチ砲を発射しています。PHOTO USnavy
南シナ海において訓練中のラッセン(DDG-82)。マーク45 5インチ砲を発射しています。PHOTO USnavy

同級は弾道ミサイル防衛の一翼を担う高性能艦であり、アメリカ海軍の優秀な軍艦の中でも最も成功を収めたといえ、現在も製造が続き70隻以上が建造される予定となっています。

最新鋭イージス駆逐艦らしく、数多くのアンテナや電子設備に囲まれた艦橋。手前のCIWSからは硝煙が漂っています。2015年9月16日。PHOTO USnavy
最新鋭イージス駆逐艦らしく、数多くのアンテナや電子設備に囲まれた艦橋。手前のCIWSからは硝煙が漂っています。2015年9月16日。PHOTO USnavy

アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦は他の兵器と同じく随時能力向上が進められており、ラッセンは最新のフライト2Aという能力が付与されています。大きな特長は警戒能力を高めるヘリを2機搭載するための格納庫が設置されていることです。

ラッセン(DDG-82)から離艦するMH-60Rシーホーク。同艦に搭載されるヘリは能力を飛躍的に高めてくれます。PHOTO USnavy
ラッセン(DDG-82)から離艦するMH-60Rシーホーク。同艦に搭載されるヘリは能力を飛躍的に高めてくれます。PHOTO USnavy

また、ミサイルを発射するVLS(Vertical Launch Systems)はこれまでの90セルから96セルに増強されています。VLSからはトマホーク(対地・対艦巡航ミサイル)、スタンダードSAM-2(艦対空ミサイル)、ESSM SAM(艦対空ミサイル)、アスロック(艦対潜ミサイル)などを発射することができます。

対地巡航ミサイルトマホークを発射するラッセン(DDG-82)。PHOTO USnavy
対地巡航ミサイルトマホークを発射するラッセン(DDG-82)。PHOTO USnavy

至近距離においてミサイルや航空機を迎撃する兵器として2基の20mmファランクス シウス(CIWS=Close In Weapon System)が搭載されています。日本語でいうと近接防御火器システムとなります。

ファランクスCIWSを発射するラッセン(DDG-82)。PHOTO USnavy
ファランクスCIWSを発射するラッセン(DDG-82)。PHOTO USnavy

ラッセン(DDG-82)艦上の射撃訓練。PHOTO USnavy
ラッセン(DDG-82)艦上の射撃訓練。PHOTO USnavy

中国の侵略進む南シナ海に派遣される

中国は南シナ海において、国際法において領海や領域の根拠とすることが認められない、満潮時に水没する岩礁を埋め立て、勝手に領海として権利を主張しています。これに対してアメリカは2015年(平成27年)10月27日、「航行の自由作戦」と題して本艦を派遣。中国が勝手に領海であると主張している人工島の12海里内を航行しました。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅20.4m
全 長155m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機LM2500-30ガスタービンエンジン(27,000shp)×4基(2軸)
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役2001年4月21日
退 役-
兵 装

モービル・ベイ

Mobile Bay(CG-53)
モービル・ベイMobile Bay(CG-53)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

第3空母打撃群の防空を担う

モービル・ベイ(1985-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の7番艦です。1984年6月に起工され、1985年8月に進水、1987年2月に就役しました。空母ジョン・C・ステニスを中心とした第3空母打撃群に所属しています。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1987年2月21日
退 役-
兵 装

バンカー・ヒル

Bunker Hill(CG-52)
バンカー・ヒルBunker Hill(CG-52)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

かつて横須賀を母港としたイージス・ミサイル巡洋艦

バンカー・ヒル(1985-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の6番艦です。1984年1月に起工され、1985年3月に進水、1986年9月に就役しました。

ミサイルランチャーを、艦上に出ている砲のような従来のMk.26から現在主流となっているMk.41垂直発射システム(VLS=Vertical Launching System)に変更したことが大きな特徴です。Mk.41はカプセルホテルのカプセルが垂直に床に埋め込まれているような形状をしています。この変更によりトマホーク・ミサイルが使用できるようになり、大きく攻撃能力を向上させました。

1988年8月から1998年まで横須賀を母港とし、空母ミッドウェイを中心とした空母打撃群に加わっていました。1998年以降はアメリカカリフォルニア州サンディエゴを母港とし、空母エイブラハム・リンカーン(CVN-72)を中心とした空母打撃群に所属しています。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1986年9月20日
退 役-
兵 装

アンティータム

Antietam(CG-54)
アンティータムAntietam(CG-54)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

シャイロー(CG-67)とともに横須賀を母港とするイージス巡洋艦

アンティータム(1986-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の8番艦です。1984年11月に起工され、1986年2月に進水、1987年6月に就役しました。

2013年2月よりカウペンス(CG-63)と交代し、横須賀を母港としています。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1987年6月6日
退 役-
兵 装

サン・ジャシント

San Jacinto(CG-56)
サン・ジャシントSan Jacinto(CG-56)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

現代最強のイージスシステムを搭載した巡洋艦

サン・ジャシント(1986-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の10番艦です。1985年7月に起工され、1986年11月に進水、1988年1月に就役しました。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1988年1月23日
退 役-
兵 装

レイテ・ガルフ

Leyte Gulf(CG-55)
レイテ・ガルフLeyte Gulf(CG-55)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

現代最強のイージスシステムを搭載した巡洋艦

レイテ・ガルフ(1986-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の9番艦です。1985年3月に起工され、1986年6月に進水、1987年9月に就役しました。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1987年9月26日
退 役-
兵 装

レイク・シャンプレン

Lake Champlain(CG-57)
レイク・シャンプレンLake Champlain(CG-57)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

現代最強のイージスシステムを搭載した巡洋艦

レイク・シャンプレイン(1987-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の11番艦です。1986年3月に起工され、1987年4月に進水、1988年8月に就役しました。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1988年8月12日
退 役-
兵 装

フィリピン・シー

Philippine Sea(CG-58)
フィリピン・シーPhilippine Sea(CG-58)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

現代最強のイージスシステムを搭載した巡洋艦

フィリピン・シー(1987-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の12番艦です。1986年4月に起工され、1987年7月に進水、1989年3月に就役しました。

アメリカ海軍ニミッツ級空母の最終艦となる空母ジョージ・H.W.ブッシュの空母打撃群に所属しています。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1989年3月18日
退 役-
兵 装

モンテレー

Monterey(CG-61)
モンテレーMonterey(CG-61)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

横須賀を母港とするイージス巡洋艦

モンテレー(1988-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の15番艦です。1987年8月に起工され、1988年10月に進水、1990年6月に就役しました。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1990年6年16日
退 役-
兵 装

ノーマンディ

Normandy(CG-60)
ノーマンディNormandy(CG-60)

アメリカ海軍イージス巡洋艦

第12空母打撃群に所属

ノーマンディー(1988-)は、イージス・システムを搭載したアメリカ海軍のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の14番艦です。1987年4月に起工され、1988年3月に進水、1989年12月に就役しました。

現在は空母セオドア・ルーズベルト(CVN-71)を中心とする第12空母打撃群に所属しています。

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦については、ポート・ロイヤルの項を参照ください。

運用者アメリカ海軍
主要なバリエーション
生産数
スペック型式
全 幅16.8m
全 長173m
全 高
翼面積
自 重
総重量/最大離陸重量
発動機ゼネラル・エレクトリック LM2500×4(80,000shp)、2軸推進
最大速度
実用上昇限度
戦闘行動半径
航続距離
乗 員
初飛行
就 役1989年12月9日
退 役-
兵 装