「可変後退翼」タグアーカイブ

グラマンF-14トムキャット

Grumman F-14 Tomcat
グラマンF-14トムキャットGrumman F-14 Tomcat

最強の艦隊防空戦闘機

映画トップガンの戦闘機

※文頭写真:USNAVY

グラマンF-14トムキャット(1970-2006)は、アメリカが開発し冷戦の激化する1970年代に登場した最強の艦隊防空戦闘機です。映画『TOPGUN』でみせた「かっこいい戦闘機」というイメージは強烈な影響を与えました。

第2次世界大戦が終わり、アメリカは西の盟主として覇権を獲得していました。特に空母を中心とする強力な洋上戦闘力は他国に類のないものでした。1955年には世界初の超大型航空母艦(スーパー・キャリアー)である排水量60,000トンのフォレスタル級が就役し、1961年には世界初の原子力空母エンタープライズ(75,700トン)が就役しており、たとえばエンタープライズでは一隻に約5,000名の乗組員が搭乗し、84機もの艦上機を運用できました。

戦闘と世界の覇権を争う一方の雄、東の盟主ソ連は1950年代から数年に一度のペースでモスクワ近郊において航空ショーを実施し、ここには西側を牽制するかのようにいくつもの新鋭戦闘機や爆撃機などが華々しく登場しました。アメリカの保有する強力な洋上戦力に対して長距離爆撃機や長距離空対艦ミサイルの開発を進めていることは明白でした。

これらの脅威に対して、アメリカ海軍は自らの生命線ともいえる空母艦隊を守る守護神たるFAD(Fleet Air defense=艦隊防空)戦闘機を艦上に配備する必要に迫られていました。

フルアフターバーナーで離艦しようとするF-14。エンジンや電子機器などを強化したF-14D。2001年(平成13年)7月28日。PHOTO USNAVY
フルアフターバーナーで離艦しようとするF-14。エンジンや電子機器などを強化したF-14D。2001年(平成13年)7月28日。PHOTO USNAVY

音速の壁を超えるF-14。PHOTO USNAVY
音速の壁を超えるF-14。PHOTO USNAVY

アメリカ海軍は1957年にF-8クルーセイダー、1961年にF-4ファイントムⅡという高性能艦上戦闘機を配備してはいましたが、ソ連も急速に新型戦闘機を開発しており、あらゆる艦隊防空を一手に担う新型艦上戦闘機の配備は喫緊の課題となっていました。

全天候型となったF-8D(F-8U-2N)。PHOTO USNAVY
全天候型となったF-8D(F-8U-2N)。PHOTO USNAVY

1952年(昭和27年)に創設されたアメリカ海軍、訓練飛行隊VF-101所属のF-4ファントムⅡ。PHOTO USNAVY
1952年(昭和27年)に創設されたアメリカ海軍、訓練飛行隊VF-101所属のF-4ファントムⅡ。PHOTO USNAVY

そんな状況の中、アメリカ海軍の進めていた新型機開発計画であるFAD(Fleet Air Defence )戦闘機計画が国防長官ロバート・マクナマラにより空軍のTFX(Tactical Fighter Experimental)に統合されてしまい、結局この計画によりうみだされたF-111Bは不採用となり、結果的に海軍の新型艦上戦闘機計画には遅れが生じていました。

アメリカ海軍空母CVA-43コーラル・シー艦上で試験中のF-111B。1968年7月。PHOTO USNAVY
アメリカ海軍空母CVA-43コーラル・シー艦上で試験中のF-111B。1968年7月。PHOTO USNAVY

国防長官と空軍に押し付けられた統合機計画を都合よく回避できた海軍は早速、本来の艦隊防空戦闘機開発に着手します。1968年には各メーカーに対してアメリカ海軍は要求仕様を提示します。その内容は以下のようでした。

タンデム(直列)複座形式、TF30エンジン双発、AIM-54フェニックスまたはAIM-7スパロー6発、AIM-9サイドワインダー4発、20mmバルカン砲搭載、ミサイル搭載時の荷重制限がF-4ファントム2を上回ることなどが含まれていました。

1950年代のミサイル万能論による高性能なミサイルへの依存から昔ながらのドッグファイトを軽視し、F-4ファントムⅡなどは機関砲を装備から外してしまいました。

その結果、1960年に勃発したベトナム戦争において旧式のMiG-17やMiG-19やMiG-21などの高価な最新鋭ミサイルなどは装備せず軽快な飛行性能で勝負する北側の戦闘機に思わぬ苦戦を強いられることになりました。これらの北側戦闘機に対してアメリカの最新鋭戦闘機は2:1という撃墜:被撃墜比率となってしまいました。

大量の資金で開発した最新鋭の大型機を自信満々で参戦させ、2機撃墜するのに1機の損失を出していては話になりません。いくら最新鋭のミサイルを積んでいても当時のミサイル技術では最終的に敵の背後に回らずを得ず、低速での近距離格闘戦ではアメリカが軽視していた軽快な運動性能が問われることとなりました。

この反省から、F-14トムキャットの開発にあたっては当初から、ソ連の長距離爆撃機+長距離空対艦ミサイルへの対応と同時に、近距離の格闘戦をも制することのできる艦上戦闘機が企図されました。

高速、長距離ミサイル、低速、近距離格闘戦、艦上運用という難題をクリアすべく考えらたのが可変翼(VG翼)でした。開発メーカーは名門グラマン社に決まり、試作機が発注されました。試作機は1970年12月に完成し初飛行、1972年10月にはわずか2年足らずという驚くような速度で量産・部隊配備が始まりました。

F-14トムキャット最大の特長である可変翼(VG翼)は、これまでのものとは異なり、飛行データに基いて自動的に最適な後退角にセットされるものでした。これにより低速の戦闘や空母への着艦からマッハ2にもなる高速飛行や急旋回においても常に高い機動性を確保していました。

湾岸戦争中のオペレーションデザートストーム作戦において戦闘軽快警備するF-14A。戦時らしく、胴体下に中距離空対空ミサイルAIM-7スパローを4発、主翼付け根あたり(グラブ)に短距離空対空ミサイルAIM-9サイドワインダーを4発搭載しています。1991年(平成3年)2月26日。PHOTO DoD
湾岸戦争中のオペレーションデザートストーム作戦において戦闘軽快警備するF-14A。戦時らしく、胴体下に中距離空対空ミサイルAIM-7スパローを4発、主翼付け根あたり(グラブ)に短距離空対空ミサイルAIM-9サイドワインダーを4発搭載しています。1991年(平成3年)2月26日。PHOTO DoD

もう一つの大きな特長は当時世界最強であった射撃管制システム(FCS)です。F-14トムキャットに搭載されたヒューズ社のAN/APG-9レーダーは、探知距離200kmを誇り、同時に24もの目標を追尾でき、射程距離210km超の長距離空対空ミサイルAIM-54フェニックスを6発同時に個別誘導できるものでした。

こうした最新技術を詰め込んだ最強の艦隊防空戦闘機、F-14は東西冷戦の空を制し続けましたが、冷戦が終わり軍事費削減の流れが起こると、高価な維持費が問題となり、2006年最後の部隊から退役、艦上から姿を消しました。

横須賀を母港とするアメリカ海軍原子力空母ジョージ・ワシントン上空を飛ぶF-14B。1992年(平成4年)正月。PHOTO DoD
横須賀を母港とするアメリカ海軍原子力空母ジョージ・ワシントン上空を飛ぶF-14B。1992年(平成4年)正月。PHOTO DoD

アメリカ海軍空母エンタープライズ(CVN65)艦上のF-14。アフガニスタンにおける不朽の自由作戦に参加中です。艦上のF-14はVF-14及びVF-41飛行隊所属機ですが、どちらもこの作戦の後まもなくしてF/A-18ホーネットに改編されました。2001年(平成13年)11月9日。PHOTO USNAVY
アメリカ海軍空母エンタープライズ(CVN65)艦上のF-14。アフガニスタンにおける不朽の自由作戦に参加中です。艦上のF-14はVF-14及びVF-41飛行隊所属機ですが、どちらもこの作戦の後まもなくしてF/A-18ホーネットに改編されました。2001年(平成13年)11月9日。PHOTO USNAVY
運用者アメリカ海軍
イラン空軍
主要なバリエーション-
生産数712
スペック型式-
全 幅10.15m(19.54m)
全 長19.1m
全 高9.88m
翼面積52.49㎡
自 重18,110kg
総重量/最大離陸重量33,720kg
発動機TF30-P-414A×2(5,600kg/AB9,480kg)
最大速度2,866km/h
実用上昇限度18,300m
戦闘行動半径1,167km
航続距離3,220km
乗 員2名
初飛行1970年12月21日
就 役1972年10月
退 役2006年9月
兵 装

ジェネラル・ダイナミクスF-111B

General Dynamics F-111B

F111の米海軍型

失敗した統合計画

※文頭写真:USNAVY

ジェネラル・ダイナミクスF-111アードバーク(1964-1998/2010)は、アメリカが開発・採用した世界初の実用可変翼戦闘機です。戦闘機とはいっても空中戦ではなく、爆撃をメインとする戦術爆撃戦闘機です。

当初、米海空軍の統合戦闘機として開発されF-111Aが空軍型、F-111Bが海軍型として進められました。最終的には重量超過などを理由に海軍が難色を示し、F-111B(海軍型)は計画のみに終わりました。

詳しくはF-111の項をご覧ください。

運用者-
主要なバリエーションF-111A 最初の量産型。158機製造
F-111B 米海軍型。計画のみ
F-111C オーストラリア空軍型
F-111D 電子機器(アビオニクス)、エンジンなど改修
F-111E エアインテイク改修型
F-111F 最終量産型。電子機器やエンジンを換装。1996年まで使用された。106機製造
F-111G 訓練機
F-111K イギリス空軍向け。キャンセル
EF-111A 電子戦機。F-111Aを改造
生産数7
スペック型式-
全 幅21.34m
全 長20.35m
全 高4.80m
翼面積-
自 重19,540kg
総重量/最大離陸重量30,450kg
発動機TF-30-P-1(5,220kg/AB 8,640kg)×2
最大速度3,062km/h
実用上昇限度18,288m
戦闘行動半径1,460km
航続距離4,700km
乗 員2名
初飛行1965年5月18日
就 役-
退 役-
兵 装

グラマンXF-10Fジャガー

Grumman XF-10F Jaguar
グラマンXF-10FジャガーGrumman XF-10F Jaguar

世界初の可変後退翼機

革新的な試みも失敗に終わる

グラマンXF10Fジャガー(1952-1953)は、米海軍が世界で初めて開発した可変後退翼を持つ艦上ジェット戦闘機です。

初期の艦上ジェット戦闘機開発は、航空母艦に離着艦するという大きな制約に立ち向かった歴史でもあります。ジェットエンジンを始め高速飛行に適した後退翼などの技術と、離着艦時に必要とされる低速性能の両立が困難であったためです。

1950年代後半に入ると、アングルド・デッキ(斜め着艦用飛行甲板)、スチーム・カタパルトなどの技術が開発され航空母艦が進歩します。これらの技術を既存空母に改修するとともに、フォレスタル級というスーパーキャリアー(超大型航空母艦)も就役し、艦上戦闘機開発の足かせは軽くなっていきます。本機はこの端境期に翻弄されます。

開発は、1946年からXF9Fとして開発されていた後退翼機案を進歩させ、1948年よりXF10F-1として始まりました。目玉は、高速性能と離着艦時に欠かせない低速性能の両立を目指した可変後退翼でした。可変後退翼とは、主翼が可変するということで、本機では13.5度、42.5度が選択できました。

開発中に朝鮮戦争が勃発し、1950年6月に米海軍が先行量産機を発注するなど開発が急がれていましたが、やはり実用化されたことのない可変後退翼の開発は難しく、いわくつきエンジンであったJ40も足を引っ張り、飛行試験はうまくいきません。

結局1953年には米海軍に契約をキャンセルされ、計画は終了しました。この計画は失敗に終わりましたが、艦上戦闘機の名門グラマン社は、転んでもただでは起きず!? 次に可変後退翼機を開発した際にはあの名機、グラマンF-14トムキャットを誕生させています。

運用者-
主要なバリエーション-
生産数-
スペック型式-
全 幅11.18m(15.42m)
全 長17.01m
全 高4.95m
翼面積43.38㎡
自 重9,265kg
総重量/最大離陸重量16,080kg
発動機J40-WE-6(3,084kg)
最大速度1,100km/h
実用上昇限度13,960m
戦闘行動半径1,150km
航続距離2,670km
乗 員1名
初飛行1952年5月1日
就 役-
退 役-
兵 装