軍用飛行機

航空自衛隊 F-35A

航空自衛隊 F-35A
全 幅
全 長
自 重
最大速度マッハ1.6
実用上昇限度15,240m
航続距離2,220km
初飛行平成28年(2016年)8月24日〈航空自衛隊向けF-35A(AX-1)〉
退 役

ボーイングB-1ランサー

Boeing B-1 Lancer

米空軍の超音速大型爆撃機

米空軍の超音速大型爆撃機。グアムのアンダーセン空軍基地に配備され、北朝鮮まで2時間で到達可能です。
ボーイングB-1ランサー
全 幅41.67m(可変翼最大展開時)、23.84m(可変翼最後退時)
全 長44.81m
自 重86t
最大速度1,530km/h(マッハ1.25)
実用上昇限度-
航続距離11,978km
初飛行1974年12月23日
退 役-

ロッキード・マーチンF-22ラプター

Lockheed Martin F-22 Raptor

世界最強のステルス戦闘機

力(攻撃力?侵略力?)という点では突出したこだわりを持つアメリカという新しい国を象徴するかのような、ダントツの強さを誇る戦闘機。あまりに強すぎて、空母でもないのに抑止力を持っています。
ロッキード・マーチンF-22ラプター
全 幅13.56m
全 長18.92m
自 重19,700kg
最大速度2,575km(巡航速度1,825km)
実用上昇限度15,240m
航続距離2,960km
初飛行1990年9月29日(YF-22)
退 役-

ノースロップF-20タイガーシャーク

Northrop F-20 Tigershark

F-5E/Fの発展型

共産陣営との戦いに勝利するため友好国供与用に開発し、好評を博したF-5の後継として開発されましたが、折しもアメリカ空軍自身が高級機に対する普通機に位置するF-16を開発しており、こちらに軍配が上がりました。
ノースロップF-20タイガーシャーク
全 幅8.13m
全 長14.17m
自 重5,090kg
最大速度2,450km/h+
実用上昇限度16,800m
航続距離2,759km
初飛行1982年8月30日
退 役-

ロッキードF-117ナイトホーク

Lockheed F-117 Nighthawk

世界初のステルス戦闘機

戦争を知らない世代、昭和47年生まれの自分が、初めてリアルタイムで戦争を実感したのが湾岸戦争。テレビの画面に映る不気味なステルス戦闘機F-117は一生忘れられない強烈な印象を与えました。
ロッキードF-117ナイトホーク
全 幅13.20m
全 長20.09m
自 重13,380kg
最大速度993km/h
実用上昇限度13,716m
航続距離1,720km
初飛行1981年6月18日
退 役2008年4月

ロッキード・マーチンF-16ファイティング・ファルコン

Lockheed Martin F-16 Fighting Falcon

最新鋭の軽量級戦闘機

アメリカ空軍は基本的に大型の高級戦闘機ばかり作ってきたわけですが、ソ連が崩壊すると予算もきつくなります。ならば高級機と普通機を組み合わせて戦力を維持しようという発想からうまれました。
ロッキード・マーチンF-16ファイティング・ファルコン
全 幅9.96m
全 長15.06m
自 重8,570kg
最大速度2,120km/h
実用上昇限度15,240m
航続距離4,220km
初飛行1974年2月2日
退 役-

ボーイングF-15イーグル

Boeing F-15 Eagle

無敗の制空戦闘機

四十路を超えてもなお、世界屈指の戦闘力を持つ戦闘機として最前線で戦う傑作機。日本の空も航空自衛隊F-15、約200機が守っています。もう少しで次期主力戦闘機に決まっているF-35に主役の座を譲ります。
ボーイングF-15イーグル
全 幅13.05m
全 長19.43m
自 重12,700kg
最大速度2,665km/h+
実用上昇限度20,000m
航続距離5,550km
初飛行1972年7月27日
退 役-

ロッキードYF-12

Lockheed YF-12

世界初のマッハ3級戦闘機

ソ連は恐ろしい長距離戦略爆撃機を保有、もしくは計画しているに違いない、というアメリカの危機感がうんだ怪物。全長31mの巨体を持ち、3万m近い超高々度をマッハ3で飛行して敵爆撃機を迎撃するという筋書きでした。
ロッキードYF-12
全 幅16.95m
全 長30.97m
自 重27,600kg
最大速度3,661km/h
実用上昇限度27,400m
航続距離4,800km
初飛行1963年8月7日
退 役-

ノースロップF-5E/FタイガーⅡ

Northrop F-5E/F TigerⅡ

進化したF-5

国力の劣る友好国が運用しやすい戦闘機として開発されたF-5A/Bの発展型。レーダーが裝備されるなど戦闘力向上が図られ、20か国以上が運用する人気の戦闘機となりました。
ノースロップF-5E/FタイガーⅡ
全 幅8.13m
全 長14.68m
自 重4,392kg
最大速度1,743km/h
実用上昇限度15,789m
航続距離2,483km
初飛行1972年8月11日
退 役1989年

ノースロップF-5A/Bフリーダムファイター

Northrop F-5A/B Freedom Fighter

小型軽量の超音速機

アメリカ軍戦闘機はますます大型化し最新の電子機器がてんこ盛りの超高級車ばかりとなっていきます。これでは、一緒に共産陣営と戦う友好国は購入も運用もできません。そこで、扱いやすい本機が開発されました。
ノースロップF-5A/Bフリーダムファイター
全 幅7.70m
全 長14.38m
自 重3,670kg
最大速度1,489km/h
実用上昇限度15,240m
航続距離1,771km
初飛行1959年7月30日
退 役1989年