アメリカ海兵隊

ノース・アメリカンFJ-2/3フューリー

North American FJ-2/3 Fury

F86セイバーの海軍型

朝鮮戦争時、突如出現したソ連の高性能ジェット戦闘機MiG-15は西側諸国に「ミグショック」といわれる衝撃を与えました。MiG-15に対抗しうる戦闘機を持たない米海軍は、空軍の傑作機F-86の艦上戦闘機型を発注します。
ノース・アメリカンFJ-2/3フューリー
全 幅11.31m
全 長11.45m
自 重5,353kg
最大速度1,088km/h
実用上昇限度14,300m
航続距離1,593km
初飛行1951年12月2日
退 役1962年9月

マクドネルF2Hバンシー

McDonnell F2H Banshee

本格運用された初めての艦上ジェット

空母という制約からジェット機開発に苦心するアメリカ海軍が初めて手にした成功作といえる艦上ジェット戦闘機です。1949年に部隊配備され朝鮮戦争に挑みますが、ソ連の傑作機MiG-15には太刀打ちできませんでした。
マクドネルF2Hバンシー
全 幅12.73m
全 長14.68m
自 重4,440kg
最大速度848km/h
実用上昇限度14,785m
航続距離2,760km
初飛行1947年1月11日
退 役1959年9月